最新AIと一般流通しない第3のURA情報を積極的に配信中!!

【勝ち人の秘訣】を高速トレース学習

知識不足な99.9%の人にならないための高速学習アプリ登場

勝てる人の見方や考え方が分かると競馬はもっと面白くなる。なぜか勝ち続けられる人たちがいて、その秘密をトレース学習で最速3ヶ月で身に着けられるとしたら。

競馬社会は人間社会の約4倍の速さで変化することを利用して学びを得たのが、一代で10兆円の資産を築いたウォーレン・バフェットでした。彼が若い時に競馬新聞を創刊していたことは知られていませんが、低コストなのに良質な経験を積めることをあなたも学ぶかもしれません。そのサポートを行えるツールを目標に20年の地道な研究のうえで開発を進めてきました。人の習慣は3ヶ月で変えられるように、あなたの人生も3ヶ月で劇的に変わると考えるなら早くに始める方ほど得をするはずです。

👍 高速トレース学習アプリ「.race(ドットレース)」とは

あなたには潜在能力として何かしらの強みを有していると感じたことはないでしょうか。今は分からなくても人間である限り強みを持って生まれてきます。たとえ少しの強みだとしても足し算していくことで今までにない自分だけの強みを発見することができます。あなたの強みはAI活用するシステムを通して配当アップさせる確かな手段として重要な役割を担うでしょう。
逆に言えば相乗効果が認められないことが今ある競馬予想法の問題点になります。みんなが同じような予想になることで一部の人気馬に人気が集中しやすく、みんな同じような負け方をしているのが現状です。いわば99%の人は控除分だけ安定して負けるような馬券を買い続けていてもそれが正しいと思っている。その問題が100年という長き間にわたり放置されてきたのは、常にハイリスクな短期型馬券を好んできたこと、そもそも人間の知覚では認知における限界があったからです。
いまの競馬予想で強い馬が分かることは幸いでした。そこから先の本当のリターンを生み出すプロセスにAIシステムを介入させることで自分だけに味方するオッズゾーンの構築を助ける高速学習アプリ「.race(ドットレース)」になります。社会では強みによって報酬が変わるように競馬予想でも強みによって配当が変わるのが正しい姿だと考えました。勝ち人の考え方をいくつも導入してきたことで10年プラス収支者を輩出しています。

👍 1万ページ理論で自己成長するアプリ

私の理論をカンタンに説明することができません。競馬に限らず数学から投資まで、15年以上かけで様々な理論を実戦を通して厳選してきました。時には勝ち人の理論を逆解析にかけることで生まれた理論もあります。それゆえに説明しづらく、また一貫性がないようにも見えることがあります。
もっと競馬を楽しみながらチャンスを引き寄せられないだろうか。いまある競馬予想のほとんどが圧倒的に不利だと証明できます。その状況を変えるべく万を超えた試行錯誤を繰り返してきました。さらにビジネスとしてwin-winならなお良い。そのようにして1万ページの理論を経た集大成が学習アプリ「.race(ドットレース)」は形になりました。最終的に個人の強みに沿ったルーティン形成を目標としています。
競馬はスローとハイペースではレース価値が正反対になります。中距離ではスローペースが主流ですが、G1レースではペースが上がることで対極にある適性が求められることがあります。このような極端な価値の変質がある競馬では、競走馬の能力を指標として正しく算出することはカンタンにはいきません。G1を勝つような強い馬を除けば、一般レースのようにカオス性向が高くなるほど強さをどこに置くかで競走馬の価値が変わってきます。
全ての可能性に合わせて馬券を買うとリターンが少なくなってしまう。競馬において強い馬のストックも限られるため、強さをイメージできないような中途半端な馬を買うことはリターンを悪化させるだけです。たまに数字しか見てない統計かじりの人は1000はこなしてないと再現性が不安だと言いますが、そのようなパターンは過去データを過剰に最適化したカーブフィッティングであると再現性は担保されません。人気馬から平たく買われる今、レースや買い目を絞ることの重要性が増していきます。
競馬100周年これを機に競馬予想を進化させたくはないですか。すでに10年プラス継続者を輩出しており、結果は保証できなくても正しい努力の成果は保証できます。上達するにつれ右肩上がりで自己成長を遂げる環境で新しい人生を手にいれるチャレンジを始めてください。これから1万ページをなるべく分かりやすく要約していくので長くなるかもしれません。

👍 実はバイアスが成果を決めている

バイアスとは、「先入観」や「偏見」により、認識の歪みや人の思考や行動の偏りが無意識に生じ、意識的な修正がカンタンにいかない特徴があります。しかし、本来は生命を維持するためにバイアスは活用されてきました。瞬時に判断して素早い行動を促すことがバイアスの役目であり、それにより外敵から身を守ってきた歴史があります。
最近は自動車が突っ込む事故が増えていますが、事故が怖いからといって自動車を運転するときに1つ1つの動作を精査していたらスピードはでません。つまり、自動車の性能は操縦者によって変化する。だからこそ安定した成果を引きだすために学校で知識を学び、実地の経験を積み上げてスキルを育て向上させることが常識化しました。そのスキルを高めて高額収入を得る人も大勢にわたります。
実際のところ馬券の稼ぎ方も全く同じです。1つのスキルとして学び経験を通して磨いていけばリターンも期待できるようになるという単純な話に過ぎません。その成果は人によって違いますが、なるべくバラつきを抑えるために「.race(ドットレース)」では、AIを活用したりデータを視覚化することで勝つために必要なスキルを自然と伸ばせるように設計してきました。

バイアスが仕掛けるワナ 👆

高度な情報処理を行うためには多くの時間とリソースが必要です。しかし、現実には瞬時に意思決定をしなければならない場面が多いため、人々は情報を効率的に処理するために簡略化した認知プロセスを採用します。たとえば、外見だけで人を判断すると、その大半は間違っているのですが合致した時だけ「やっぱり」と都合の良い情報だけを重視する傾向もバイアスによるものです。現代社会においてバイアスは時に重大な事故を引き起こす要因になってきました。馬券でも損失を取り戻すためにリスクにリスクを重ねる人たちが大勢いらっしゃいます。
このように人間の脳は情報処理の限界があり、情報過多を防ぐために情報を簡略化する必要があります。膨大なデータ量を扱う競馬において矛盾なく簡略化することがカンタンではなく、ときに重要な情報が抜け落ちたりすることが少なくありません。ほとんどの人は予想力に問題があると考えがちですが、実際はバイアスによる影響が大半を占めており、普段から物事を自動的に簡略化しているからこそ本当の原因に気づけないだけです。クセのある競馬データを処理して価値を浮かび上がらせるAIエンジンを搭載した「.race(ドットレース)」はバイアスの影響を最小限に留める効果があります。

勝利の法則を実践できない理由 👆

馬券において的中率20%でプラス収支にできる人は優秀であると断言できます。しかし、その方法を初心者に教えても実際には継続することができません。なぜなら、残り80%の成果において苦しみが発生しているからです。短期的なハズレに意味づけをして勝手に落ち込み苦しんでしまう。
また、勝ち人は「負けても買うべきレースがある」ことを認知できます。そういう引き出しが増えるにつれ、その勝ち人には利益的な行為であるのに、外から見ると単にハイリスク行為にしか見えないという現象が起こります。あまり的中しているように見えないのにリスクを感じることなく穴馬券に徹している人を見たことないでしょうか。見かけや数字だけでは判断できないのが馬券戦略の妙と言えるでしょう。
確率的には必然的に起こることもバイアス優位の人には単なるリスクにしか見えない。こういう人たちが馬券でなくても成果を挙げることはカンタンではありません。いまバイアスについての知識が一切ない人なら、何のチャンスも起こりえない人生を送っている可能性すらある。それだけの力がバイアスには備わっているのです。バイアスを抑える最も基本的な対処法は、確率や統計的な数字を理解した上で対象を見たり判断するようにすることです。

ストーリーを活用する 👆

ストーリーに注目する手法は「理論と感情が上手くいくメソッド」として世界中で評価されるようになりました。日本の掃除メソッドがアメリカで大ヒットしたのは奇跡や偶然ではありません。ストーリーにときめかなければ物を捨てていいサイン。これを馬券に応用すれば買うより重大である勝負シグナルとしても使えます。

競馬は人間社会の4倍速で変化するため私たちの認知が追いつかない。そのようなカオスで最も効果のあるスキルが「観察すること」です。古くは仏教、最新では量子学で言われるように、私たちは同じ世界を見ているとは証明できません。

たとえば、競馬に興味がない人は「馬の背中に人が跨って競走するギャンブル」という最もシンプルなラベルを通して見ることになります。このラベルで見ると競馬は大して面白くないように見えるし何だか危険そうだから近づかないでおこうとなるでしょう。

競馬を正しく見るために観察し始めると、ほとんどの人はその面白さに気づくことができます。なぜなら、競走馬のストーリーが理解できるようになり、そこから派生して人のストーリーも分かるようになるからです。つまり、観察することで初めて競馬を正しく見ることができたわけです。ただ、それで全てを語れるほど本当に見れているのかという別問題もあります。

このように観察から生まれたストーリーは事実的であり、予想では抑制できないバイアスの影響を抑える働きがあります。何をやるべきか分からないなら、まずはレースを見てください。馬券を買った時だけでなく、平日に全レースを見直して気が付いたことをメモしていくことでストーリーを意識できるようになります。ストーリーは予想よりも遥かに強力なツールであることが実践により確認できており、まずはストーリーに注力することが最速で学びを得るコツになります。

損していい範囲を決める 👆

損していい範囲を決めると心理的なトリックが解消されることでリターンが向上することは知られていません。たとえば、1円でも損したくない人にとって重要なのは【信用】になります。相手が信用できるかというトリガーは諸刃の剣でもあります。なぜなら、自分以外は信用できないに決まっているからです。歴史的な詐欺では必ず圧倒的な信用を勝ち取ってきました。ですから、まず【信用】を重視する人は資産全損するような被害にあう確率をゼロにできません。馬券で例えるなら信用できる強い馬に全資産をブッこむようなもの。これを正しい行為だとみなす人は【信用】を重視している可能性が高く、これを実践に移せば全損するかは試行回数の問題になります。
怪しさ満載だった初期ビットコインは「1BTC=約0.07円」でした。今では「1BTC=5,610,000円」にもなります。相手が誰かも分からず信用を重視すれば手をだしづらいですが、その可能性をシンプルな計算で見積もれた人にとっては安い買い物でした。損失を上回る十分なリターンが得られる合理性が確認できて損できる範囲であれば手をだしてみる。これだけなのですが日常生活におけるバイアスに慣れている人には意外と高いハードルだったりします。

👍 成功を支えるメンターたち

あなたの成功を保証することはできませんが、すでに成功しているメンターが良質なアプリにするために改善を続けてきました。私たちの考えはシンプルです。負けにくい環境であれば相対的な優位の力により自動的に勝利を引き寄せることができるというもの。この信念を「.race(ドットレース)」は重視してきました。相対的に優位であれば長期的に勝つハードルは確実に下げることができます。孫子の兵法で馬券を読み解くなら、控除率のある分が悪い戦いであり、できるだけ戦わずに勝つことが最上の戦略だと言えます。
できるだけに戦わない、つまり不用意に勝ちにいかないイーブン狙いの戦略を基本とすること。この戦略を実際に取り入れることで20年無敗を誇った雀鬼・桜井章一氏は分かりやすい例と言えるでしょう。運のゲームと言われる麻雀において雀鬼流では自分が勝つ、トップを目指す打ち方ではなく、全体がプラマイゼロになる打ち方を教えてきました。これでなぜ勝ててしまうのか。それは、人が心理的なバイアスに支配されているからです。つまり、何かしなければいけないと思い込んでいる思い込みを利用した自滅を待つ方法であり、どうしようもない時だけリスクを取るという勝ちにいかない戦略が常勝を可能にしたのです。
実のところ大きなリターンを狙う勝ち組の80%は退屈な成果で占められているのですが、一般の人にはそれではいけないものと思い込んでいます。そもそも馬券で儲けるために買うのですから、何かしようと思えばリスクを取って狙いにいくものだという人が圧倒的に多い。つまり、自滅する人など掃いて捨てるほどいるわけです。一流投資家でさえ口を揃えて言うように、まずは生き残ることが成功の最低要件になります。予想力だけで勝つなどという現実に見合わない幻想をメディア戦略により植え付けられた人であっても、ここで意識を変革できた人なら最良の幸運を手にしたと言えます。いまだ常識を疑わない多くの人たちを利用できるという優位性は長期になるほど効果を発揮するでしょう。

予想力はスキルとして最弱 👆

競馬予想における最も重大なワナは、予想力では資質を十分に生かせないという点にあります。自分の資質を十分に発揮でないからこそリターンの上積みも起こらず期待値1未満に収束するのです。それを知っているからこそ主催者はメディア戦略を使って予想というものを常識化してきました。競馬予想しか手段がないというのは、ある意味では運だけで馬券を買うことに近いと考えています。
逆に言ってしまえば自分の強みに沿って馬券を買うだけで誰でもカンタンに優位性を手にできるとも言えるでしょう。これを利用しない手はありません。元アイドルの小嶋陽菜さんは、自分の感性を3連単5頭BOXに落とし込んだだけで2年プラス収支を達成しました。そう、あなたにできない理由なんてないと断言できます。自分の強みに気づくまでは試行錯誤を繰り返す必要はありますが、一度気づいてしまえばシンプルな手法で勝ち続けられ再現性も高いのが特徴です。
いま買えるデータで分かることは強い馬だけです。そもそも、どのような馬を強いというのか。スポーツにおいて2番目に強い選手は評価されません。その理由はシンプルに2番手の候補は沢山いるため限定できるものではないからです。安定して2番手にいる人は評価されますが、馬券でもそのような馬は確実性の高い相手候補になります。しかし、80%強のレースにおいて2番手以下は混戦模様であるため不確実性が増すことになります。
私たちが安定感をもって予想できると自覚できる範囲は、強い馬の適応力が担保として機能する範囲と同じです。それ以上の行為は単純にリスクがハネ上がっていくため、長期的に成果を見ていく必要があります。十分な資金力がないのに短期的な成果を期待して3連単を買う人は多くいますが、それは現実から乖離しているため上手くいくかは運次第になります。確実な成果をもたらせるのは1レースに1頭いるなしの強い馬だけであり、それ以外のリターンを積み上げるには別の視点が必要になります。

配当アップの秘訣 👆

基本的に大して強くない馬を予測することはできません。それは単純に好走域が狭いからです。スローペース前提で内枠に入り、さらに好位に位置を取り、かつ上がり3ハロンのレースになる。それを見越す神レベルの逆解析メンターがいますが、普通は狙ったところで連敗を重ねるだけでしょう。4番人気以降を自分の力で予想してみればカンタンではないことが分かります。
つまり、レース展開が水物である限り、穴馬で配当アップ狙うならパターン買いするしかない。これなら少ない資金でも十分に機能するでしょう。長期的なプラスが分かっているなら、それが的中率5%でも無心で買い続けるだけ。ただし、人間社会より4倍早い競馬社会においてトレンドの変化は常ですから過去パターンに沿うかの保証はありません。よく売れる3連単では、人気軸馬をもとに穴馬までフォーメーションで買われていますが、その成果は運頼りであり再現性は低くなります。もし長期的に資金が十分であるなら、それは予想力に資金力という優位性がプラスされることで確実性が高まるでしょう。
10兆円を超える資産を一代で形成したバリュー投資家のウォーレン・バフェットでさえ短期投資は上手くいかないことが多く、バフェット自身もギャンブルであると断言しています。つまり、確実な成果ほど長期的であり、ゆっくり時間をかけて成果を育てていく気持ちが必要になるということ。馬券で短期的な成果を期待するなら強い馬しか買えなくなります。ほとんどの人は強さの信望者であり短期的な成果を追い求めて馬券を買いますが、以下の点を理解できていない人は上積みのない配当を当て続けることになります。それは短期的には成功のように見えますが、長期的には控除率ぶんマイナスになることがほとんどです。
短期成果においては「絶対的に強い馬」と「相対的に強い馬」を見極めて買う必要があります。前者はG1馬のデビュー戦が分かりやすく、後者は一般的なレースでよく見られ、少なからず押し出された感があります。前者はレアケースで絶対数が少ないですが、圧倒的な強さで不確実性をカバーする短期投資になり得ます。後者は、競走馬の気まぐれ、レース中の不利などの不確定要素により圏外になることが増えてきます。投機性が強くなるため運用難度はかなり上がると言えるでしょう。一度は自分の力だけで実践して自分の力量を知っておくことが現実的な成功を引寄せるコツになります。

自分を疑わず、信じ抜く 👆

かつて私は、競馬で勝てると言われたら、すぐにさもしい勘定を始める人間でした。月にいくら勝てないなら価値ないなどと実力もないのにほざくことは一流だった過去。しかし、競争がある所で理想的な勝利はできないと今では分かります。だからこそ、どうすれば成功を底上げできるのかを考え抜いてきました。競馬は猛毒です。毒に冒された騎手が後方ポツンしたり、逆に派手に逃げたりという思考停止を何度も見てきました。しかし、毒素があるからワクチンができる、物事は表裏一体なのです。基本的に守りを是とするなら、まずは見逃すことが多くなるでしょう。その時には悔しい思いをするはずです。なぜ買えなかったのか、嫌でも頭に残るレースがあれば自動的に考えるようになります。そうしていく内に自然とトライするべき自分だけのパターンが見えてくる。それは一人前のサインでもあります。
雀鬼流の桜井氏にとって運とは勝利や利益をもたらしてくれるものではない。運とは、絶体絶命のピンチに陥ったときに何気なく助けてくれるもの。つまり負けから救ってくれるのが運だと言うのです。また、不安が強く自分を守りすぎる人には運が寄らないとも言います。バフェットが不安になりながら投資することがないのは、自分の指標を見て事前に徹底的に考え込むことを良しとしてきたから。自分の不安を打ち消すストーリーがあれば、セロトニントランスポターS型の遺伝子により世界トップクラスの不安症な日本人でもバランスが取れるようになります。
過剰にリスクを取ったり、逆に控えすぎたりするのは不安の影響が大きすぎるサイン。不安を和らげる方法は、自分がどういうレースにトキメくか意識すること。ときめくにはストーリーが必要になります。競走馬のストーリーが分かってくると「買わないと仕方がない」というレースがあることに気づくようになります。ストーリーのある穴馬はレアですから、それが分かるだけでも十分な価値があると分かる。普段は軽く買っておいて、買わないと仕方ないレースで勝負するという立ち回りができるのは不安を利用すればこそ。不安に対処すれば自ずと立ち回り方が見えてくる、これを利用しない手はありません。
また、雀鬼流の桜井氏は「不調こそ我が実力」であるべしと説いています。これは馬券においても理にかなった戦略です。なぜなら、リスク受け入れてリターン拡大を狙う馬券の80%は買ったり負けたりを長く繰り返すだけだからです。これを不調と捉えてしまえば稼げるルーティンが崩壊し全てが水の泡へと帰してしまうでしょう。もし、残りの20%でプラスに持ち込んでいるのなら、その前提となる80%は不調ではなく献上するべき負けなのです。それを対価にプラスを得ているのだと考えるべきですが、私たちのバイアスはそれを許してはくれません。

最高の遊びとして楽しむ 👆

100円から買える馬券で負けたとしても無理しなければ楽しめた代で済ますこともできます。ギャンブルで終わる人ではなく、自分の理論を試すような人なら実社会に役立つノウハウやスキルが手に入ることもあります。実際バフェットも若い時に競馬専門紙を発行して投資ノウハウの土台を構築していました。100円で得られる深い知識と経験があることを10兆円という資産が証明しています。
雀鬼流の桜井氏いわく遊びという感覚が思考や行動を柔軟にさせると説いています。老子において固いものは必ず負け、柔らかいものが勝つと説いたのは、それが自然の法則だからです。つまり、自然の摂理に従いやすくするために遊びという感覚が必要になる。勝利にイレ込み必死に馬券を買ってみたところで頭が固くなり現実を見失うだけと言えるでしょう。そのことを私もイヤというほど体験してきました。老子に習うなら、私たちは本来、自然に勝てる力を持っています。しかし、傲慢さから結果をコントロールしようとする不自然な行為に及んでしまい自滅する人が後を絶たないのです。「上善は水の如し」力を抜き無理せず形を変えながら下へと流れていく覚悟、つまり負けて受け入れること結果的に最良への道となるのです。

結果をコントロールしようとしない人は自然の法則により必ず生き残ることができます。

水はどのようにも変化して適応しながら恩恵を与えてきました。それを馬券に例えるなら変化に沿って柔軟に買い目を構築することでリターン拡大を実現するようなものかもしれません。これは現実的に見て利用価値の高い馬券戦略であることを実感するようになりました。そのために変化に気づく感覚を養うことが重要であり、実際に当日のデータ分析においてスゴイ効果を実感している人たちがいます。1つ2つ3つと気づけるようになると連鎖するように新しい事実に気づけるようになってくる。この感覚を持つ人たちとブロックチェーンのように情報認証を行えるようになったら…夢は広がるばかりです。
複利を愛したアインシュタインも「知識を詰め込むより遊ぶことが重要」だと説いたように知識があっても実践という遊びがなければ意味がないと考えていました。遊びはストレスや不安を緩和し、脳を活性化させることで新しい気づきをもたらすことが分かっています。「空想は知識より重要である。知識には限界がある。想像力は世界を包み込む」競馬必勝法は頭から否定されがちですが、けっして夢物語ではないと思うのなら存在を感じられるようになるかもしれません。

人間は損失体質が基本 👆

ノーベル賞を受賞した【プロスペクト理論】により人間が損失体質であることが証明されました。人間が損失を許せないのは、それが遥か昔において生死を分けてきたからです。そもそも人間は損失をだして生きていくもの。食べ物を腐らせるともったいないと感じるのも損失だと考えるからなのに、お金にはその考えが及ばないのは不思議だと思いませんか。実際、市場で使われずに寝かされてきた日本円という道具の価値は下がり続けています。日本人でさえ買わない株を外国人が買うのは成長のためではありません。これはよくよく考えると怖いことです。日本人が自らの存在を否定しているような感覚に襲われるからです。
仏教で指摘されるように私たちは自然をあるままに見ることができません。なぜなら、そもそも見ることにバイアスがあるためです。その例として錯視が挙げられます。私たちは生体機能として自動的に情報を簡略化することに長けていますが、それが現実と乖離していても脳が自動的に情報を補完することで現実のように見せることができます。陰謀があると知らされれば、その存在がありありと感じられるように。だからこそ複数の視点を持つことが重要な価値を持つのであり、競馬を見る時にも重要かつ有効であると考えてきました。
この世界において様々な理論が存在していることを発見してきましたが、それを認識できている数は人それぞれ違っています。10の理論をもとに世界を見る人と1の理論で見る世界は違っていても可笑しくありません。この世界を正しく見るには、その解釈を助けてくれる人たちに頼ることがスマートな方法になります。1人で予想する人より複数で予想する人の方が気づきにおいて優位性があることは間違いありません。チームワークで得意な分野を持ち寄ることで弱点を補完することができれば確実に損失を軽減することができます。

確実な優位性を活用しよう

私たちは強固に予想するべきだと刷り込まれてきたので1頭の強い馬が分かれば上々だと分かっていても釈然としないところがあります。でも、あなたがやるべきことはシンプルであることが正解です。アプリを使う前提であれば、あとは自分自身を掘り下げていくだけでいい。そこで自分の強みを発見すれば、その恩恵はあなただけに味方し続けます。短期的には上手くいかないように見えても歩みを止めるのではなくレースや金額を減らすに留めてください。残念ながら投資であっても短期間でそれがミスかどうかを突き止める方法は存在しません。自分の才能を信じて根気強くルーティンの完成を目指せば必ず達成できます。
最も対処困難なバイアスが発生するデータ分析のほとんどを私たちが代行します。馬券購入者にとって買い目を構築する上で致命傷になりえるバイアスがいくつもあるため、このデータ分析代行という仕組みを活用することが重要なリスクヘッジになります。そこからさらに確実性を引き出すには、あなたが正確にレースイメージを構築することです。最もシンプルなのはレース映像を見ること。気になった馬は見ておくと必ずあとで役に立ちます。あなたが詳しくレースイメージを描こうと思うほど、新しい事実に巡り合いストーリーが深まっていくでしょう。その際にどの馬が最もときめくのかを順位づけするとパターンの発見に役立ちます。買わなくてはいられない馬が増えていくにつれて不安は解消されるはずです。
失敗やミスは必要以上にネガティブに捉えなければ発生するのが自然です。時にはランダムウォークする株式のように思うようにいかないことを体験します。それは避けることができません。その失敗から何か学んだり発見があれば対価は得たようなもの。そのためにわざと小さく速やかに負けるようになる頃にはプロ顔負けの考え方が構築できているでしょう。あなたには可能性がありますが行動なくして花開くことはありません。実践しない知識は、やがて色あせて忘れるように人間は出来ています。この出会いはリスクですか、それともチャンスでしょうか。あなたの運命は、いまここで別れようとしています。
error: リスクガード中 !!