最新AIと一般流通しない第3のURA情報を積極的に配信中!!

【.race】の見方と使い方

エージェント伊藤
エージェント伊藤
競馬で勝つためには予習と復習が欠かせません。どんな優秀な家庭教師でも勉強する意思がない人にはお手上げです。そうならないよう勝ち人の視点から見ることで最小限の努力で最大の成果を得られるように考えられたアプリです。
自分自身に味方する馬券の買い方をルーティンにまで落とし込むことが目標です。

ルーティンとは何か?自分の直観を信じて深堀し続ける。この繰り返しから創造される自分の強みを生かした馬券購入プロセスを指します。

【.race】の解説

👉 高速学習アプリ【.race】詳細はこちら
タブをTAPすると表示を切り替えることができます。

🐴 激走タブ
激走ビーム指数は強化学習の結果を踏まえて指定時間までリアルタイムに調整されます。指数の算出は、競走馬の能力、環境適応力、逆解析の結果によって決定されています。この指数が高いほど好走する可能性が高くなります。ただし、不利を続けてきた馬では低くなることからアイコン表示で注意を促しています。

タイム 予測タイム【ペース】S…スロー、M…平均、H…ハイ。前3F スタートから600mの予測タイム 後3F ゴールから600mの予測タイム

🏇 適応タブ
レース前半と後半の適応力を表示します。コース傾向 における優先順に表示⇒「バランス」…前後半能力のバラつきの少なさがプラスに働きやすい。「総合力」…一番右のトータル指数が問われやすい。「前半重視」…前半能力を生かしやすい。「後半能力」…後半能力を生かしやすい。

例1:スローペースの前残りを想定。コース傾向が「前半重視」「バランス」だと、より強化されやすい。
例2:ハイペースの差し有利を想定。コース傾向が「前半重視」「バランス」でも「総合力」が問われやすくなり「後半重視」も考慮したい。

🧡 調子タブ
前走の調子を表示します。当日の上昇馬がいたら比べてみることで、確実性の高さをイメージできたり、激走しそうな穴馬の発見に役立てることができます。
📊 馬場タブ
馬場状態が枠順に与える影響を数値で表示しています。数値が高いほど好走の後押しになると考えてください。サポート的な立ち位置としてポジティブな利用をオススメします。馬場の影響力は開催により変わるため、その影響を受けて強めにでる場合があります。ここだけで取捨を決めるのは大胆すぎるかもしれません。
アイコン 🌈💪🥵🥶
一流馬であっても安定してパフォーマンスを発揮することがありません。それは、気性やメンタルの問題で十分に調教ができないことがよくあるからです。そのため、調子の良い馬が分かることには大きなヒントになります。競走馬の調子に関係するアイコンを【🌈💪】で表示しました。また、レース中の不利やロスを【🥵🥶】で表示することでレース映像の確認ポイントを的確にしることができます。レースイメージの解像度が高くなるほど自信が深まることを体験してください。
僥倖 ❗
1年というスパンで繰り返されている年間プラスのカギを握る激走パターン適合馬を割り出します。単勝プラスを重視した抽出となっており、人間では知覚できない穴馬パターンを獲ることでヒモにあっても配当アップ効果が期待できます。

激走指数を使ってみよう

激走指数は、タイム予測をベースとしたレース展開を前提に算出されています。いくつかの立ち回り方をもとに理解できる馬がいないか探してみてください。その時には、前走から調子が上がっている馬、ロスのあるレースをしていた馬といった【激走フラグ】の立ち方を意識してみるといいでしょう。これは基本的な勝ち人がする激走馬の見つけ方になります。

高指数モード

指数1位から順にテンプレートにあてはめていくスタンダードな買い方。週末に予想する時間はないけど競馬を楽しみたい方に最適です。

自分の強みや【V.A.T.S】を利用することで自分にだけ味方する馬券を買うことができます。

バリューモード

指数とオッズを比べて明らかに妙味の高い馬を1位とする買い方。2番手以降は高指数モードで買うだけで利益重視の馬券を買うことができます。

馬場バイアス

JRAの定期的な馬場調整により過去データ価値を変動させていることは周知の事実です。これにより短期勝負馬券をハズレに追い込むことで効率良く収益を上げてきました。馬場バイアスが強いと感じた時は馬場BMが示す指数の特徴を取り入れてみて下さい。激走の裏付け強化に利用することリスクヘッジの効いた馬券を買うことができます。

前走アイコン

0.1秒差を競うレースでは競走馬のデキやレースで能力を発揮できているかが重要になります。重視馬を見つけたい時には前走でデキが上がってきた馬や不利のあった馬をアイコン表示する特徴を取り入れて下さい。無理なく馬券購入で重視できる買い目を見つけることで強弱をつけたい時に力を発揮します。

複合アレンジ

上記の3モードの組み合わせを使っていく複合的な買い方。全てのレースを買うには資金不足、最初はレースを絞りたい方に最適です。

セルフアレンジ

自分で決めた購入ルールに従って買う自分色を強めた買い方。独自色をだすことで競合とのバッティング購入を防ぐことができます。

激走アイコンの意味

出遅💦…前走レース出遅れ
不利🥵…前走レース中に不利あり
ロス🥶…前走レース中にロスあり
一変⚡…惨敗からの激走、または好走から惨敗の可能性も
僥倖❗…1年の単勝回収率100%を超える穴馬パターンを抽出

調子アイコンの意味

絶好調🌈…数戦続けてデキが上昇している
上昇💪…前走から良化している
太目🐷…仕上がり途上でノビシロあり
細目🐹…調子落ちに注意

馬場アイコンの意味

穴馬💰…穴馬の激走が起こりやすい
単勝🥇…単勝が安定しやすい
複勝🏅…複勝が安定しやすい
優勢📈…トレンド基調にある

競馬で勝つ人の思考とは

基本的に共通認識されている競馬予想法に回収アップ効果は見込めません。それは、主催者にとって都合の良い手法として常識化されてきました。

穴馬はパターンで買うのが基本

競馬データは強さを基準にしたデータであるため、JRA-VANで月に1万円のソフトを使ったとしても1頭の強い馬を見つけることができればお役御免になります。

その証拠として強さに差がない混戦レースではまったく役に立ちません。この点から予想力が通用するのは強い馬がいるレースの3頭ぐらいまでであり、統計からも穴馬が攻略されてないことが証明できます。

1番人気の8割は相対的に推されたに過ぎないのに心理的な要因が加わることで買われ過ぎてることが常態化しています。つまり、絶対性の希薄な1番人気において信頼性とリターンのバランスが崩れている高リスク状態ですが、ほとんどの人は短期的な的中を重視するためリスクと見なしていません。

エージェント伊藤
エージェント伊藤
大して強くない馬ほど好走範囲が極端に狭いもの。つまり、天候変化など些細なデータ変化で穴馬の入りが変わるため、私は直前分析の手法である【V.A.T.S】を開発しました。これにより普通では獲ることができない穴馬の好走を予見できること証明しています。

Cloud9フォーメーション

勝ち組や億り人の買い方を研究して分かった買い方です。このフォーメーションを意識しておくと効率の良く馬券を買うことを手助けになります。

Cloud9フォーメーションとは【1-3-5】の合計9頭で構成される馬券購入テンプレートになります。
シンプルに単複で買うのなら【1】重視で買います。馬連など2連系では【1ー3】部分を重視します。3連系の3列目は2列目と足して【8】頭を配置します。

■3連複フォーメーション18点例
(1)-(2、3、4)-(2、3、4、5、6、7、8、9)

(1)にあてはまる軸馬がいないレースであれば、(2、3、4)の構成で馬券を考えてみましょう。無理して3連系ばかり買うのは返って効率を落とす結果になりかねません。

10年以上の回収上限値

10年以上にわたり情報公開を実践してきました。


単勝:105.4% [14774/54364R]
複勝:97.7% [29534/55364R]
馬連:112.4% [13234/55364R]
馬単:111.0% [7164/55364R]
ワイド:105.4% [22544/55364R]
3連複:105.2% [15764/55364R]
3連単:112.7% [4984/55364R]
error: リスクガード中 !!