最新AIと一般流通しない第3のURA情報を積極的に配信中!!

【資金管理】最新の仮説で導きだす最適解のヒント

ここでは競馬予想を「データ分析【8割】+資金管理【2割】」と定義しています。こちらはデータ分析を担当するので、あなたは資金管理に集中することができます。

資金管理とは、馬券構築をしてプラス収支するためのルーティン構築でもあります。競馬はデータ分析すれば穴馬まで的確に分かるというゲームではありません。しかし、これは分かってゲームをする人にとっては有利に働くことになります。一般馬券購入者のほとんどは予想や当てることばかりに執着し、他にするべきことに目がいかず過剰なリスクを取り続けています。

つまり、こちらが損しないように無理せず立ち回ることが結果的に幸運をもたらすことになる。それはすぐ実感できないかもしれませんが、長期的には必ず恩恵として機能することが約束されています。競馬を始めるときは「オレなら勝てる」と勇んで始めるのに、実はその正反対が正解なんて夢にも思わないでしょう。

私たちはいま、最もハイレベルな課題である短期攻略に注力していますが、あまりに高いリスクを引き受けた場合、それらの効果が意味を成さなくなることがあります。基本的には損をしないように立ち回るイーブン戦略が成功のカギを握ると考えてください。

ルーティンは運を最大化する

脳は量子的なふるまいをすることが最新の研究で分かってきました。誰もが持つ【量子脳】を理解して利用することができれば、私たちは本来の能力を発揮し始めるのです。

素粒子には、それぞれ意識の元となる基本的で単純な属性が付随しており、脳内の神経細胞にある直径約25nmの微小管で波動関数が収縮すると、その属性も同時に組み合わさって、高度な意識が生まれるとしています。

量子は、人の意識が加わることで、波動から粒子に変わります。波動とは意図をしない方向にランダムに動きます。対して、粒子は意図した形に動きます。量子論から見れば「信じていることが現実となって行く」と考えて間違いはありません。良いイメージを脳内で描き、それを信じることができれば、それは次第に現実として顕在化していきます。

ただし、良いことを引き寄せるには「前向きな想念」が必要になります。私たちは、この社会という競争システムの過程において「劣等感」を植え付けられてきました。ですから、良いことが起こると想い念じても、返って悪いイメージが大きくなってしまう。自分の立ち振る舞いで良いことが起こると信じるためには必ず実践を必要とします。

公営ギャンブルで使われる予想力は「ネガティブな感情」を引き起こすほうが得意ですから上手くいかなくて当然なのです。これを乗り越え良い現実を引き寄せるためには「前向きな想念」を得るシステムが必要になります。これなくして引き寄せの法則が言うような現実化が起こることはあり得ません。

自動車を上手く運転したいのなら、その習得システムを利用することで自動車に対する「前向きな想念」を手にすることができます。しかし、昔の教習所でありがちだった怒りながら指導された人はどうなるでしょうか。ペーパードライバーになった人も少なくないでしょう。

馬券で勝つためには、心の底から楽しめるシステムであるか。これがまず前提になります。そして、その過程において無理なく自己を高める学習を続けることができれば、あなたは徐々に馬券で勝つ現実を引き寄せるようになります。

宇宙法則を活用するシステム

宇宙法則は物理学であり、人間の頭脳だけでやれるもので、「人間の頭脳自体が宇宙である」という認識を基礎としています。まず、「波長の法則」を根底とする、「同じ振動数を持つ者が引き寄せられて現実が創造される」ことを重視したシステムを構築しました。

これにより頭に思い描いたことを現実化する「引き寄せの法則」が自然と発揮されやすくなります。一般的な引き寄せの法則は願うだけですが、イメージとして詳細に描けるシステムにより本当の効果を発揮するようになります。脳はイメージした映像をそのまま受け取り、それを現実化するためために情報を蓄積するよう働き始める。詳細に描くほどに現実化のスピードは上がっていきます。

物理学に限らず、医学や経済学や心理学でも、「原因に法則が作用して結果を生じる」と考えるのが普通です。 いわゆる「因果関係」という考え方になります。この「原因⇒法則⇒結果」の形式は、「入力⇒作用素⇒出力」と一致しています。因果の法則のもと、「相手のために喜ばれることをすれば必ず良いことが起こる」という前提に立ち、私たちはシステム構築と実戦を通しての経験を伝えるようにしてきました。

なぜ、教えるのか、その答えはシンプルです。それは、勝者と敗者は切ることのできないコインのような関係だからです。敗者がいて勝者が存在できる。つまり、プレイヤー総数は多い方が勝てる人を増やすことになるわけですからパイを狭めるくらいなら教えた方が得策なのです。そして、誰かに教えるということは自らが深く理解する必要があるため、今まで見過ごしてきたことに気づけるようになる十分なメリットがあります。

最終的な目標は「自己ルーティンの確立」ですから、これを達成できれば自分に味方する配当を武器に十分なリターンを得られるはずです。同じ買い目パターンに乗るだけなら競争は避けられませんが、同じ手法で異なった買い目パターンであれば協調して効率的に変化に対応しながら自分の強みを生かし切ることができます。

アカシック・レコードへのアクセス

ワンネスの法則では「集合的無意識の存在と繋がり(ゼロポイント)」によりシンクロニシティ(不思議な偶然の一致)が起こるとされています。従来の科学が、それが起こる理由を説明できないにもかかわらず、誰もが日常的に体験する「以心伝心」や「シンクロニシティ」。

これを説明するのが最先端の量子物理学や量子脳理論に基づく「ゼロ・ポイント・フィールド仮説」です。宇宙に普遍的に存在する量子真空の中にゼロ・ポイント・フィールドと呼ばれる場があり、そこに宇宙のすべての情報がホログラムとして記録されているという仮説になります。

真空空間の中にホログラムの記憶があり、『もう一人の自分』とつながることのできる、いわゆる天才はここにアクセスしているという話があります。自分を信じ、大いなる何かを信じ、つながっていると信じてる。だから、大いなる何かから閃きが『ふってくる』『おりてくる』ことでヒット作が生まれたという逸話は少なくありません。

マンガでも作者の能力を超えた傑作ができる時があると言います。未完で終わった「ベルセルク」は、黄金時代篇の出来が良すぎたせいで、その後の展開に苦しむことになり未完に終わったという指摘もあります。もし、この「仮説」が正しければ、 そして、この「フィールド」に繋がる技法を身につけるならば、我々は誰もが予想を超えたシンの能力を発揮することができるようになっていきます。

この技法が何なのか長い月日と多くの費用をかけて試行錯誤を繰り返すことで、1つの技法へと導かれました。誰でも今すぐ実践できるほどシンプルであり、伝説的な投資家が好んで使っていた常識を超えた技法…

早く知るほどに得をする資金管理は≪会員≫になると全て読むことができます。

error: リスクガード中 !!