セントライト記念2021予想データ直結馬で波乱をもたらすのは!?

セントライト記念2021予想データ直結馬で波乱をもたらすのは!?

セントライト記念は、秋華賞トライアルレースで直結しやすいレースで知られている。最高の激走馬を見つけよう!

セントライト記念の予想ポイント

菊花賞トライアルレースと知られているが、あまり本番に直結することがなく勝ち馬はしばらくでていない。

あくまでレースレベルで影響度が決まるはずだが、神戸新聞杯の方が主力が集まる傾向がある。

その点で波乱含みのあるレースとも言えるが、中山競馬場の外回り芝2200mは施行数が少ないためカンタンにはいかない。

近年は1番人気が強いため荒れる感じはないが、基本堅く収まるデータ背景も希薄なことから突発的な波乱はあり得るだろう。

ルペルカーリア

すでに種牡馬として成功しているエピファネイアを輩出したアメリカンオークス馬シーザリオの良血馬。

京都新聞杯では2着に粘っているが、レース内容としては幼く心身の充実を期待しての放牧となった。

じっくり成長を待ったという点を重視すればノビシロに期待してみる手もあるだろう。

逃げ・先行の好走率が高いだけに軽視するのは避けた方が良さそうだ。

オーソクレース

骨折休養明けになるだけに完全に馬体を緩めたはずなので久々のレースでどう反応するか未知数ではある。

芝とダートで一流馬を輩出している牝系だけにメンタリティの良さには定評があるが凡走リスクは考慮しておきたい。

一週前の追い切りでは遅れた点からも休養明けから無理はさせる意思がない表れでもある。

タイトルホルダー

中距離G1レースをしっかりこなし決して無理使いしないローテーションに好感が持てる馬。

この馬の体形は父に似ていないが、早世した父の後継として活躍できる馬には違いない。

いかにもG2大将なイメージもあり、ここで全力仕上げでも驚きはないだろう。

error: Content is protected !!