最新AIと一般流通しない第3のURA情報を積極的に配信中!!

馬券で勝つには高配当ゾーンの攻略が必要!?競馬初心者が予想力だけでなく配当アップするために必要なこと

馬券で勝つには高配当ゾーンの攻略が必要!?競馬初心者が予想力だけでなく配当アップするために必要なこと

競馬はシステムとして荒れるようにできている。なぜ、コースや距離が豊富に用意されているのか考えてみて欲しい。

そうした中で堅い配当ばかり狙っていては当然ジリ貧になっていく。上手いこと少しずつジリ貧になるというわけだ。

こんな上手く負けさせられていることに気づける人は早々いない。そこから脱するために必要なのが好配当を厚く獲るという意識だ。

私はAI競馬新聞を開発するにあたり万馬券で勝負できるくらいの判断力を与えることを意識してきた。

それは実際なかなかカンタンではないが、その目標が高ければ少し下の好配当なら範囲に入ってくるはずだという目論んできた部分もある。

もし好配当を厚く買えるようになれば収支が伸びるだけでなくメンタルに良い影響を与えることも想像がつく。

広く薄目に当てた万馬券よりも狭く厚く当てた好配当の方が価値は高い。そういう配当を当てるためには戦略が必要不可欠になる。

そこで誰でも達成できる1つ提案したい。それは「ストーリーを重視する」という馬券の買い方だ。

競馬は主役が動物で言葉を発しない以上、レース中に起きた事実関係を整理することがカンタンにはいかない。

その多くは「おそらくこうだ」という前提で語られることになる。それゆえに確定できた事実はとんでもない価値を有することになるのだ。

そういう事実に基づいて馬券を買うと自信を持って馬券を買うことができる。AIでの指数が良いからというだけでなかなか買えるものではない。

そのバックに事実が基づいた時にとんでもなく買える馬券になるわけだ。競馬において事実は本当に希少であるが、それを意識している人は実は少ない。

ほとんどの人は予想するプロセスを踏んでいくと事実と妄想がゴチャゴチャ混在してしまう。

誰なら事実を語れるのだろうか。調教師や騎手が事実だけ語っているだろうか。そこにウソが混じることはないのか。

実際レースが終わって実はと切り出すことが少なくなかったりする。何かアクシデントがあって無能に見られたくない時は時として平然とウソをつくこともあるはずだ。

競馬における事実が十分に集まることはないだろう。しかし、少しずつピースが集まってくるとパズルの間にどんな情報が隠されているか予想できるようになる。

そういうプロセスを経て自然なストーリーが紡ぐことができれば、それはとても貴重な馬券を買えるタイミングと言っていいだろう。

その事実性にもとづき勝負度合いを決めていくことが最も自然な資金管理と言えるのではないだろうか。

このレースの事実は少しだけしか分からないがオッズはつくから買ってみる価値がある。

AI競馬新聞では、馬主を通して調教師にアドバイスしてきたエージェントが本当に貴重な事実を教えている。

ほとんどの人は、それらが貴重だと考えないため馬券に生かそうと考えていないだろう。パドック診断で分かった事実はトンデモない価値を有している。

しかし、馬券の勝ち筋を知らない、理解できない人は何が勝ちに結びついているのか理解できないからこそ一生負け続けるしかないというわけなのだ。

1000万馬券はデータ変化量で見つかった

CTA-IMAGE 予想力を重視する限り好配当に巡り合う可能性は低いままです。なぜなら、馬柱やJRA-VANにあるデータは強い馬を見つけるためにあるからです。予想力に頼るほど堅い配当しか当たらず利回りが低くなってしまう。この悪循環を断ち切る、たった1つの方法があります。それは、リアルタイムにデータ分析すること。レース発走直前までデータ変化を見ていくことで過去データからの予想が、いまこの瞬間にフォーカスした予想に変えることができます。競馬新聞にある情報はすでに古いことは分かってる。でも、他に方法がないんだ!そういう方のためにデータ分析ライブを始めました。必ずや好配当の当て感の違いに気づかれるはずです!
error: リスクガード中 !!