最新AIと一般流通しない第3のURA情報を積極的に配信中!!

ランダムに単勝馬券を買い続けたら破産する!?予想力の意味と活用法を知らない人が大損し続ける理由を解説します

ランダムに単勝馬券を買い続けたら破産する!?予想力の意味と活用法を知らない人が大損し続ける理由を解説します

レースに出走する馬からランダムに一頭だけ選んで単勝を購入する。

この無謀な買い方で想像する回収率はどれくらいでしょうか。これはもう壊滅的な結果になっても不思議ではない。

この事実と数字はAIをフル活用するために必要な直観力の土台として重要な意味を持ちます。

現実と自分自身が思い描いているイメージが乖離した状況のまま馬券を買っている人がほとんどであり、その状態では正しく馬券を買えることが極めて困難を伴うからです。

あなたがランダムに一頭だけ選んで単勝を購入した回収率を口にだしてから下の結果を見るようにしてください。

ランダム単勝購入シミュレーション結果

総R数:231,940
的中数:16,678
的中率:7%
平均オッズ:10倍
回収期待値:73%
最大連続的中数:4
最大連続不的中数:158

この結果を見てどうでしたか。あなたのイメージは現実に沿っていたでしょうか。残念なことに大きく乖離している状態では、あらゆるゲームに勝つことは不可能になります。

なぜなら、現実が引き起こしている問題に対処することができず、しかも有効な戦略を選ぶことさえ感情的に拒否してしまうからです。

この数字は「どんな手法を用いても長期的には7割は回収できる」ということを意味している。これは予想力を生かして馬券を買う人と大差のない数字です。

じゃあ、何のために予想しているのでしょうか?とんでもない時間をかけて予想したものがランダムと大差ない結果だなんて。

あなたが予想力の成果として得ているもの、それは「連敗数を減少させることで短期的に退場しないようリスクヘッジしている」ということなのです。

つまり、回収率アップには寄与しないが、現実的に馬券を買い続けられるよう連敗数を抑える効果がある。それが予想力の特性というわけです。

今まで「予想力があれば問題ない」と考えていたのなら、いまこの瞬間に新しい学びを得ると意識を入れ替えることであなたの現実を変えることができます。

まだまだ周りには現実を直視できない人たちであふれている。特に日本人は現実を見ることがあまり得意ではありません。

日本は災害が多く精神的な負担が大きくなりやすいからでしょうか。日本ではマンガやアニメーション産業といった非現実的コンテンツが盛んです。

競馬でもアニメと結びついただけで人気が再燃しました。つまり、現実⇒非現実化したとたんに人気がアップしたというわけです。

ソーシャルゲームの【ガチャシステム】はギャンブル要素ですが、これをギャンブルと認知できる人はあまりいません。

これはゲームという非現実を半分ほど取り込んでいるからで、無料だろうがガチャを一回でも引いたことがある人はギャンブル経験者ということになります。

日本人が非現実を愛する理由は「事実確認の必要がない」からでしょう。イヤな事実をわざわざ確認して落ち込みたくないという心理が根底にある。

だからこそ、根本的な問題が解決できずに30年間も経済成長できなかった。そのツケは今後も負の遺産として影響をおよぼし続けることになります。

このように一時的な苦しさから逃れ続けようとした結果、永続的な苦しさとなって返ってきてしまったパターンは枚挙に暇がない。

馬券においても「負の遺産プロセス」を発動させている人ばかりですから、逆に「負けて当たり前なんだから前向きに対処しよう」とマインドセットを入れ替えるだけでアドバンテージを手にすることができます。

私は勝ちパターンを徹底的に研究してきましたが、馬券は負けから逆転するゲームだと断言することができます。

つまり、まず負けてから、その負けを明らかにする。そして、次につながるエッセンスを抽出することで逆転のきっかけを作っていくゲームなのです。

あなたが負けること自体を失敗とラベリングしてしまうと価値ある負けに転換することができないまま放置してしまう。

ほとんどの人は、負けた現実に目を背けます。そして、何とかして忘れようとするものです。だから、マインドセットを入れ替えた人から勝ち始めてしまう。

たしかに、競馬は事実関係を洗い出すことがカンタンにはいきません。競走馬は動物ですし人間と契約しているわけでもないので、気まぐれでやる気がなかったとしても文句は言えない。

その因果関係を洗い出すためにAI競馬新聞は開発されました。このレースは不利があって馬券で負けてしまったが、次以降のレースで挽回できるだろう。

この基本的な逆転システムがどこにもない特徴の1つであり、世界有数の競走馬エージェントと原因を調査していくことで価値ある馬券構築を目指してきました。

あの馬はデキが良かったけどレース条件が合っていなかったね。AIデータを見ると、こういう条件のレースだったら買う価値が高くなるよ。

こういう判断を積み重ねて馬券を買えるシステムなので自然と買えるオッズゾーンが広がり、好配当ゾーンで勝負を仕掛けることも可能になりました。

競馬に確実性なんてない!だからこそ、その現実に対処した人から法外なリターンを手にすることもできてしまう。

競馬が複雑であることに感謝しています。競艇のようなシンプルなゲームだったら参戦する価値を見出すことができなかったでしょう。

これほどまでに複雑だからこそ協力ゲームとしても成立する。調教師は馬を走らすのが仕事、騎手は馬を走らせ着順を上げるのが仕事。

では、競馬予想の仕事とは何でしょうか。それは、競馬の事実に目を向け、いま何が起ころうとしているのかに注目することです。

そのためには、それぞれ高いレベルでの知見が必要になります。血統に詳しい人、馬場に詳しい人、パドックに詳しい人。

これらの専門家が集まって開発されたAI競馬新聞は協力ゲーム型のツールになります。そういうツールは今までに存在していません。

予想力だけでは勝てない理由を知ったいまなら、競馬で勝てる人たちがこぞって情報共有する理由も分かったのではないでしょうか。

新しい価値あるエッセンスを取り込むことで買えるオッズゾーンは広がりを見せていく。このプラグイン思考があるからです。

競馬予想の8割は同じでいい。2割も違いがあれば人の数ほど勝ち方があると断言できます。

人間の遺伝子だって99.9%は同じであり、たった0.1%の違いで驚くほどの多様性を発揮しているわけですから。

これからは予想力だけではなく直観力がより重要になると考えてください。直感ではありません。競馬の勝ち方はおよそ直感に反しています。

直観とは、脳が過去にインプットしてきた経験や学習のデータベースから、無意識に答えを引き出してくる超高速の脳の意思決定プロセスを指します。

イスラエルのある大学の研究によると、人間の直観の的中率は90%という驚異的なものでした。

このプロセスをより安定化するために信念を入れ替えたり、マインドセットを高めたりすることも含まれています。

正しい直観を妨げるバイアスを意識できるようになった時、あなたは本当の競馬を見ることができるようになるでしょう。

1000万馬券はデータ変化量で見つかった

CTA-IMAGE 予想力を重視する限り好配当に巡り合う可能性は低いままです。なぜなら、馬柱やJRA-VANにあるデータは強い馬を見つけるためにあるからです。予想力に頼るほど堅い配当しか当たらず利回りが低くなってしまう。この悪循環を断ち切る、たった1つの方法があります。それは、リアルタイムにデータ分析すること。レース発走直前までデータ変化を見ていくことで過去データからの予想が、いまこの瞬間にフォーカスした予想に変えることができます。競馬新聞にある情報はすでに古いことは分かってる。でも、他に方法がないんだ!そういう方のためにデータ分析ライブを始めました。必ずや好配当の当て感の違いに気づかれるはずです!
error: リスクガード中 !!