最新AIと一般流通しない第3のURA情報を積極的に配信中!!

朝日杯フューチュリティステークス2022予想前の追いきり仕上がりチェック

朝日杯フューチュリティステークス2022予想前の追いきり仕上がりチェック
AIエージェント伊藤
AIエージェント伊藤
朝日杯FSで最高に買える馬を見つけるための仕込みチェック。

ドルチェモア

仕上げ途上を感じさせつつの2連勝は資質の高さを物語るもの。ルーラーシップ産駒らしい筋力を生かした軽快なフットワークが特徴。
まだ体の使い方には硬さを感じさせる部分はあるが、オンオフが効く気性は素晴らしく何処からでもレースができそうなセンスがある。

ダノンタッチダウン

マイルで活躍中のG1馬で全兄のダノンザキッドと似ているのは牝系の影響が強くでやすいせいか。
同時期の兄と比べると体に緩さを残すぶん統制が取れてないが脚力の高さは古馬レベルと言えるくらい強力なものがある。
本当に良くなるのは先も高速になりきれない冬の芝の方が合っている点を思えば十分好走圏に残れそうだ。

レイベリング

初戦は6~7分のデキで楽勝と資質の違いを見せつけている。体を目一杯に使いながらも前躯の強さを生かしきる奇跡的な走法が機能した結果だろう。
ただ、全体時計が速くなる坂コースG1においては前躯にかかる負担も大きくなるだけにマイナスに働く可能性も考慮したい。

オールパルフェ

現状で上手くまとまりすぎた馬体は心身バランスの良さも相まって資質を発揮しきれている点がこの馬の特徴になる。
スケールという点では先を見るという感じはなく2歳戦のほうが通用しやすいタイプと言えそうだ。

オオバンブルマイ

走法はダートのバランスに近いが馬格が小さいぶん芝向きの軽さを脚力で作り出している。
エネルギーの面から言えば傷んできた馬場で距離延長はプラスに働くとは考えにくい。

グラニット

まだ体が大きくなりきれてないものの筋力がついてきたことで非力感は抜けてきている。
体躯の良さで勝負するダノンバラード産駒だけにスケールはないものの仕上がりは上々。

フロムダスク

キ甲が抜けつつあるように完成度の高い外国産馬。筋力も十分でスピード色が強いだけにマイル向きの印象にない。

センスの良さは感じさせるだけに上手く内で脚をタメる形ができれば。

コーパスクリスティ

ダート色の強い牝系から芝で2連勝しているが、やはり体形はダート寄りであり成熟の良さと卓越した脚力で強引にこなしてきた。

芝向きのバネに欠けるだけにマイルで脚を作るのはカンタンにはいかない。

ドンデンガエシ

筋力の強い血統背景らしい外観でタフさのある芝で2連勝しているが、やはりバネには欠ける走りで速さは期待しづらい。

やはり先々はダート転換していくものと見ている。

ウメムスビ

早熟スプリンターが多いファインニードル産駒。デキはかなり良いものの出走させたいだけでマイル出走はいただけない。

バグダラス

筋力がありバネもソコソコあるだけに特化しきれていない側面もある。芝・ダートどちらもこなす筋力があるスピードタイプ。

ティニア

筋肉は剛健で硬さのあるタイプ。ただ、体の使い方が上手く天性の資質でカバーできている。

一級品ではないが大きな欠点はなくソコソコ平均的なバランスで走っていくタイプでG1だとやや足りないイメージ。

1000万馬券はデータ変化量で見つかった

CTA-IMAGE 予想力を重視する限り好配当に巡り合う可能性は低いままです。なぜなら、馬柱やJRA-VANにあるデータは強い馬を見つけるためにあるからです。予想力に頼るほど堅い配当しか当たらず利回りが低くなってしまう。この悪循環を断ち切る、たった1つの方法があります。それは、リアルタイムにデータ分析すること。レース発走直前までデータ変化を見ていくことで過去データからの予想が、いまこの瞬間にフォーカスした予想に変えることができます。競馬新聞にある情報はすでに古いことは分かってる。でも、他に方法がないんだ!そういう方のためにデータ分析ライブを始めました。必ずや好配当の当て感の違いに気づかれるはずです!
error: リスクガード中 !!