最新AIと一般流通しない第3のURA情報を積極的に配信中!!

京都金杯2023予想の前に見ないと大損する!?超重要データと出走馬の追いきり馬体診断

京都金杯2023予想の前に見ないと大損する!?超重要データと出走馬の追いきり馬体診断
アイメンター伊藤
アイメンター伊藤
繰り返されるデータには意味がある。価値あるデータ傾向だけをピックアップしてまとめてみました。

京都金杯で繰り返されるデータ傾向

特に強調できるようなデータが見当たらず混戦ムードが色濃いレースと言える。セオリー通りに芝1600m実績を重視したい。

実績通りに評価すべきだがマイルでの好走率が8割を超えるようならオープン実績が不足していてもヒモには入れておくべきだ。

馬券に直結するトレンドデータ

唯一堅実なデータと言える…重要情報のため限定公開

京都金杯の追いきり馬体診断

年40000頭を見続けてきた知見から分かってきたことを解説します。

オニャンコポン

昨年G1馬をだしたエイシンフラッシュ産駒の成功例の1頭。産駒にありがちな体の硬さがなく安定感のあるデキとなっている。

心身ともに快活で初マイルは試金石になるが、こなした時はアッサリ馬券になっても不思議ではない。

イルーシヴパンサー

体が硬くなりがちな冬場でも良く見せるタイプで夏場よりは相対的な面でポテンシャルは発揮しやすいのかもしれない。

夏以来の出走になるが追いきりはしっかり走れており問題なく仕上がっている。

エアロロノア

あまりレースぶりに変化なく見えるものの、近走で体にあった甘さが解消されてきたことで走りに安定感がある。

もう少し気勢が上がってくれば位置取りが向上して上手く噛み合ってきそうなイメージがある。

プレサージュリフト

母の実績やG1でのレースぶりからはマイル以下が合っていそう。体躯バランスが良く出世していける下地を持っている。

ムダ肉がつきにくい体のようで相対的に冬場は強みを持てるのかもしれない。

ピースワンパラディ

長期明けから体躯バランスが戻ってきており以前のような安定感のある仕上がりに戻っている。

昨年に好走した舞台なら前走スムーズさを欠いた雪辱を晴らせておかしくない。

マテンロウオリオン

典型的なスピード能力に長けたダイワメジャー産駒。まだ心身バランスが整いきれてないぶんレース運びが安定しない。

そういった点では不安を残しつつの現状なだけに過信しづらい面がある。

1000万馬券はデータ変化量で見つかった

CTA-IMAGE 予想力を重視する限り好配当に巡り合う可能性は低いままです。なぜなら、馬柱やJRA-VANにあるデータは強い馬を見つけるためにあるからです。予想力に頼るほど堅い配当しか当たらず利回りが低くなってしまう。この悪循環を断ち切る、たった1つの方法があります。それは、リアルタイムにデータ分析すること。レース発走直前までデータ変化を見ていくことで過去データからの予想が、いまこの瞬間にフォーカスした予想に変えることができます。競馬新聞にある情報はすでに古いことは分かってる。でも、他に方法がないんだ!そういう方のためにデータ分析ライブを始めました。必ずや好配当の当て感の違いに気づかれるはずです!
error: リスクガード中 !!