最新AIと一般流通しない第3のURA情報を積極的に配信中!!

根岸S2023予想の前に見ないと大損する!?超重要データと出走馬の追いきり馬体診断

根岸S2023予想の前に見ないと大損する!?超重要データと出走馬の追いきり馬体診断
アイメンター伊藤
アイメンター伊藤
繰り返されるデータには意味がある。価値あるデータ傾向だけをピックアップしてまとめてみました。

根岸Sで繰り返されるデータ傾向

1番人気が勝ちやすい点で波乱の余地が少ないケースが目立つ。1番人気に確かさを感じない時は波乱の予兆とみていいだろう。
関東馬は劣勢で地の利を生かせていない。4~6歳の牡・セン馬が主力。逃げは残らず追い込みはそれなりに決まるレース。
前走着順は1~4着までの堅調な馬から探すこと。前走クラスが高い馬をより重視したい。

馬券に直結する超強力トレンドデータ Premium

予想をドン底に突き落とす罠データがある…重要情報のため限定公開

根岸ステークスでは西高東低が顕著であり馬券においては関西馬から軸馬や穴馬を探すことになりそうだ。
直線の長い東京競馬場ということもあり逃げ残りは厳しく差し・追い込みの方が圧倒的に勝ちやすい。
出走ボーダーの高いレースという点からオープンクラスでの勝利実績は必須に近いものとなっている。

根岸Sの追いきり馬体診断

年40000頭を10年以上も見続けてきた知見から分かってきたことを解説します。

レモンポップ

勢いのある戦績通りに堅調な仕上がりを見せている。やはり1600より1400の方が合っている。

ギルデッドミラー

オルフェーヴル産駒にしてはオンオフの利く気性でダートは合うし順調にこれている。

バトルクライ

3歳春はポテンシャルだけで走っていたが、夏明け後は着々と力をつけてきている。

テイエムサウスダン

巨躯なだけに冬場の仕上げは難しい部分もあるが今年も上手く追いきりをこなしている。

ヘリオス

歴戦の古馬らしく完成されたルーティンをこなし安定感のある追いきりをこなしている。
…さらに穴馬を掘っていくぞ! Premium

1000万馬券はデータ変化量で見つかった

CTA-IMAGE 予想力を重視する限り好配当に巡り合う可能性は低いままです。なぜなら、馬柱やJRA-VANにあるデータは強い馬を見つけるためにあるからです。予想力に頼るほど堅い配当しか当たらず利回りが低くなってしまう。この悪循環を断ち切る、たった1つの方法があります。それは、リアルタイムにデータ分析すること。レース発走直前までデータ変化を見ていくことで過去データからの予想が、いまこの瞬間にフォーカスした予想に変えることができます。競馬新聞にある情報はすでに古いことは分かってる。でも、他に方法がないんだ!そういう方のためにデータ分析ライブを始めました。必ずや好配当の当て感の違いに気づかれるはずです!
error: リスクガード中 !!