ダービー卿チャレンジトロフィー、大阪杯2023予想の前に見ないと大損する!?超重要データと出走馬の追いきり馬体診断

ダービー卿チャレンジトロフィー、大阪杯2023予想の前に見ないと大損する!?超重要データと出走馬の追いきり馬体診断

ダービー卿チャレンジトロフィー、大阪杯2023予想で知って得しかないデータ傾向を挙げてみました。

アイメンター伊藤
アイメンター伊藤
特に穴馬は予想よりデータパターンを見つけて買い続けるのがセオリーになります。リアルタイム分析より劣る過去データ分析でも馬券構築のヒントにはなるでしょう。

ダービー卿チャレンジトロフィーで繰り返される重要データ傾向

勝ち馬は1~5番人気からでておりバリュー重視なら4~5番人気重視で決め打ちする手も。4~6歳が主力で勝ち馬なら4~5歳を重視しよう。上位混戦レースということもあり前走5着以内と好調な馬から検討してください。

収支を向上させるトレンドデータ Premium

まったく気づかれてないがデータとして魅力がある…重要情報のため限定公開

ダービー卿チャレンジトロフィー@追いきり馬体診断

年40000頭を10年以上も見続けてきた知見から分かってきたことを解説します。

ジャスティンカフェ

レースぶりが不器用な追い込み脚質でスムーズに競馬できていない近走。中山競馬場は脚力だけでマクりるには仕掛けのタイミングがカギになる。

レッドモンレーヴ

体躯バランスが向上して母以上のスケールを見せるようになってきた。エアグルーヴ牝系の底力を感じさせており重賞レース制覇は時間の問題。

ゾンニッヒ

レースでの立ち回りが上手く心身も安定しており相手なりに走れるタイプ。単勝スケールは感じにくいものの他が自滅した時に浮上してくる。

ミスニューヨーク

前走1400mはスタートで後手を踏み流れに乗れず。牡馬相手のマイルでは4着が最高も牝馬ながら体が充実してきている。

インダストリア

東京新聞杯ではオープンの壁を感じさせる7着。レースセンスは良く位置を取る競馬で変わり身を期待する手もある。

大阪杯で繰り返される重要データ傾向

波乱含みなことも多いレース。前走重賞レース1~5着以内で関西厩舎所属の4~5歳牝馬の先行タイプから検討を始めてください。枠順は3~4枠がベスト。次に牡馬を同じ条件で見ていくと最速で好走馬の検討ができます。

収支を向上させるトレンドデータ Premium

損失になりやすい悪魔的データを見ていくと…重要情報のため限定公開

大阪杯@追いきり馬体診断

年40000頭を10年以上も見続けてきた知見から分かってきたことを解説します。

ジェラルディーナ

あまり良く見せるタイプではなく牝馬ながら闘争心で走るタイプ。いつもの気が入った追いきりで久々でも問題なし。

ヒシイグアス

前走デビュー最高体重も実践では問題なし。使って良くなるタイプでもないが追いきりはキビキビ動けていてデキは安定している。

スターズオンアース

体に芯が入ってきており成長は続いている。牡馬相手という点で試金石になるが一線級が不在なら通用していい。

ヴェルトライゼンデ

大型馬でも神経が良く仕上がりは早いタイプ。左回りがベストも追いきりは安定している。

ジャックドール

気のいい馬で大型馬でも天皇賞秋と変わらない雰囲気で仕上がってきた。昨年な馬場に泣いたように良馬場がベスト。

1000万馬券はデータ変化量で見つかった

CTA-IMAGE 予想力を重視する限り好配当に巡り合う可能性は低いままです。なぜなら、馬柱やJRA-VANにあるデータは強い馬を見つけるためにあるからです。予想力に頼るほど堅い配当しか当たらず利回りが低くなってしまう。この悪循環を断ち切る、たった1つの方法があります。それは、リアルタイムにデータ分析すること。レース発走直前までデータ変化を見ていくことで過去データからの予想が、いまこの瞬間にフォーカスした予想に変えることができます。競馬新聞にある情報はすでに古いことは分かってる。でも、他に方法がないんだ!そういう方のためにデータ分析ライブを始めました。必ずや好配当の当て感の違いに気づかれるはずです!