京成杯オータムH2021予想データ直結馬で波乱をもたらすのは!?

京成杯オータムH2021予想データ直結馬で波乱をもたらすのは!?

京成杯AHは、夏競馬の残り香とG1レースを目指す馬たちがぶつかり合うハンデキャップのマイル重賞レース。データ傾向に合う馬を見てみよう。

京成杯オータムハンデキャップの予想ポイント

中山競馬場のマイルは外回りだが直線は短いという「おにぎり形コース」を走る異端なレース。

スタートからしばらくして坂を下るのでペースが上がり走破タイムが速くなることは珍しくない。

そのあたりの攻防でペース変動が違ってくるためレース展開の予測はカンタンにはいかないだろう。

どんなペースでも順応できる適応力のあるタイプを重視するのが無難だが中山マイル実績も重視したい。

過去の激走馬は、このトリッキーコースを味方につけている面もあり実績不足でも侮れない面がある。

そういった点で狙いは難しいが宝くじ的な一発を楽しめるレースとも言える。肩肘を張らず気楽に楽しもう。

グレナディアガーズ

フランケル産駒のG1レース馬で春は人気を裏切る結果となった。欧州血統だけに高速馬場の適応には限界がありそうだ。

データ傾向からは重視できるポイントが少なく予想オッズ1番人気と照らし合わせると物足りない印象もある。

こういうタイプは前哨戦よりもG1レースでの底力を期待したいので今回は負けてくれると面白くなりそうだが。

追い切り調教は迫力十分で水準以上の仕上がりにあるようだ。ただ、イレ込む面もあるので輸送に注意したい。

カラテ

データ傾向からは推せる馬もG1レースでは惨敗で地力には欠ける印象もある。

今回は3歳の素質馬が出走してくることもあり、そういった所で資質面の限界を示す可能性もありそうだ。

夏場で勝っているが暑い時期に強いイメージは実績から感じられない。無理使いはしてないが意外と上がり目は薄いのかも。

その点で週末に暑さがぶり返してくるのは懸念材料と言えるのかもしれない。

バスラットレオン

人気を集めたNHKマイルCで落馬という不運に見舞われた。実質仕切り直しの一戦で時計短縮対応がカギになる。

いかにも筋肉量が多いタイプなので適応は十分に可能。あとは程度の問題ということになる。

仕上がりは7割と陣営が言っているため人気は伸びなさそうだが、こういう気で走るタイプはメンタリティが重要なことも多い。

追い切りをセーブしているのも、そういう気が入りやすい所を考慮しているフシもある。

カレンシュトラウス

人気がなさそうな所で買っておきたい馬でデータからは昇級の壁を乗り越えてくる下地を持っている。

中山コースでの実績が欲しかった所もヒモには入れておいて損はなさそうだ。

デビューから馬券圏外がないのも魅力で複勝では意外と人気することがあるかもしれない。

error: Content is protected !!