京都新聞杯・新潟大賞典2023予想で厚く買うために必要な事前データ分析

京都新聞杯・新潟大賞典2023予想で厚く買うために必要な事前データ分析

京都新聞杯・新潟大賞典2023予想における過去レースの傾向を知ることは馬券で勝つための小さな一歩になります。そこから天皇賞(春)2023予想で重要感を増していく競走馬について突き詰めて考察していく。とても時間を要する下準備ですがレース直前まで気を抜くことはできません。

アイメンター伊藤
アイメンター伊藤
競馬に必勝法があるのなら、それは自分の知性を生かした直観力を育むこと。そのためには様々な角度からデータ分析する必要があります。レース直前までデータ分析をするのも当日データの影響が大きいから。だからこそ、真摯に向き合うほど競馬予想は充実した見識を帯びるようになるのです。

京都新聞杯2023繰り返されてきたデータ傾向

上位人気が総崩れすることもあるレースも1~4番人気で勝率は7割はキープしています。前走G3か1勝クラスで1着、キャリア5~6戦の中2週以下の該当馬がベスト。

重賞勝ちがありながら、あえて皐月賞をパスしてきた馬がいれば本命視したいところ。

京都新聞杯2023レース展開予想

京都新聞杯2023予想

過去のレースラップパターンは中盤の刻み方にバリエーションがあり、このあたりは粗削りな3歳戦らしさが見え隠れします。

その点で展開の対応力がある馬を重視すると馬券の安定感が増します。逆に不在であれば荒れる可能性がでてくるため、その時は2000m以上の中距離戦の実績を重視するといいでしょう。

京都新聞杯2023追い切り馬体診断

年4万頭の競走馬を10年を超えて見てきたアイメンター伊藤が馬券に絡む可能性が高い厳選馬5頭の適性や仕上がりに迫ります。

サトノグランツ データ

休み明けの前走ゆきやなぎ賞では太目で反応いまいちでも勝利していました。父に似て距離を伸ばしていく持久力タイプ。あまり俊敏な対応はできないもののバテない脚が強みと言えるでしょう。

ダノントルネード データ

巨躯らしいゴツい筋力型の馬でタフな馬場の方がより合うイメージがあります。まだまだ変わる余地を残しているぶんノビシロは十分。どのように変化していくのか見守っていきたい1頭です。

マイネルラウレア データ

前走は太目感ある仕上がりでとりあえず参加した感がありました。その点で変わり身の大きさには期待できると言えるでしょう。

新潟大賞典2023繰り返されてきたデータ傾向

1~2番人気の信頼性が低く波乱に満ちているレース。3番人気のバリューが高く宝くじ感覚の決め打ちで楽しむくらいの気楽さで買ってみるのも面白そうです。

バリューがある7歳馬も合わせて重視したいポイント。勝率が高く人気がない一発激走があり、特に関西馬がその多くを占めています。

安定感では前走3勝クラスの4歳馬を重視するのがセオリー。複勝圏では関東馬が上回るため、このあたりも加味すると見つけやすくなります。

新潟大賞典2023レース展開予想

新潟大賞典2023予想

ハイペースは滅多になく、緩い中盤レースラップからの加速戦になると見ていいでしょう。直線が長い新潟競馬場の外回りコースという点から脚を余す心配はありません。

ただ、中盤レースラップの緩み方を見れば追い込み一手では間に合わないシーンも見られます。中団あたりから決め手を生かせるタイプを重視したいレースです。

新潟大賞典2023追い切り馬体診断

年4万頭の競走馬を10年を超えて見てきたアイメンター伊藤が馬券に絡む可能性が高い厳選馬5頭の適性や仕上がりに迫ります。

スパイダーゴールド データ

ノビノビと走れる左回りの直線長いコース東京と新潟競馬場で4連勝を達成。ルメールの導きもありポテンシャルを発揮できるようになりました。内枠を引いて馬群で揉まれた時にどう反応するかは未知数も広いコースなので心配ないでしょう。気のいい馬で仕上がりに不安は感じません。

カラテ データ

マイルから層の厚い中距離に転向しましたがG1レースでも見せ場があるなど手応えを感じさせます。あまり印象は残りにくい馬ですがレースセンスが高く持ちタイム通りのレースは期待できます。ハンデがカギも仕上がりは早い馬です。

キラーアビリティ データ

G1大阪杯では13着でしたが持ちタイムは更新しています。タイムを更新するようなレースは合いませんがスローペースになれば再考の余地がでてくると考えていいでしょう。追いきりは目立たない馬ですが特に上積みがあるとは感じません。

1000万馬券はデータ変化量で見つかった

CTA-IMAGE 予想力を重視する限り好配当に巡り合う可能性は低いままです。なぜなら、馬柱やJRA-VANにあるデータは強い馬を見つけるためにあるからです。予想力に頼るほど堅い配当しか当たらず利回りが低くなってしまう。この悪循環を断ち切る、たった1つの方法があります。それは、リアルタイムにデータ分析すること。レース発走直前までデータ変化を見ていくことで過去データからの予想が、いまこの瞬間にフォーカスした予想に変えることができます。競馬新聞にある情報はすでに古いことは分かってる。でも、他に方法がないんだ!そういう方のためにデータ分析ライブを始めました。必ずや好配当の当て感の違いに気づかれるはずです!