長期的な損失を受け入れて活用するだけで回収率が爆伸びする

長期的な損失を受け入れて活用するだけで回収率が爆伸びする

効率的に利益を伸ばす最適な方法をご存じでしょうか。

実は感情的には避けたいと思う方法でのみ利益を伸ばすことができます。

それは長期的な損失を前提に、それを上回る収益プランを構築すること。これだけです。

投資にしろ馬券にしろ収益力がある人ほど、この傾向が必ず含まれていることに気づきました。

よくよく考えてみると損することも収益化のために必要なプロセスだと理解することができます。

それは、商品を多く売るために広告費をだすイメージに近く逆にないと不自然と言えるでしょう。

多くの人は「失敗しないこと」を最適プランだと考えるのですが勝ち組ほど正反対でいようとしているのはなぜか。

普通では利益パターンがあってもリスク的に見えると敬遠する人が多いのですが、そういうリスクは長期的には安全だと知っているわけです。

ただ、一気に多額の損失をすることは避けないといけない。コツコツ負けることが前提であり、それが後になって功を奏すのです。

これは精神的な健康にも良い戦略だと思います。こういう少しずつ負けるという戦略は「痛みが少ない」からです。

日本経済を見ると分かるのですが、30年間も損失を続けているのに大きな痛みを受けている感じがないですよね。

この痛みが少ないことは投資心理に良い影響を与えてくれます。負けることのメリットが理解できてきたのではないでしょうか。

日本社会は「失敗しないこと」を良しとしてきたことで、結果的に成長を阻害するシステムが構築されてきました。

だから、逆を行けるようなった人から勝ち始めます。失敗を適切に管理して今すぎ利益体質へと自分を変えていきましょう。

投資信託であれば自然と成長戦略を選択することになります。

手堅いですが時間を味方にする長期投資なので利益もゆっくり大きくなります。

こうした時間を味方にする戦略では初期の投資サイズに注意する必要があります。

投資額が小さくなるほど時間の価値を棄損し相対的な損失につながるので気を付けましょう。

馬券は当てることだけでなく、上手に失敗を管理することで利益を伸ばしやすくなります。

ただ、予想しているだけではアドバンテージがないため確かなリターンが見込めません。

自分で新しい価値に気づくためのデータ分析手法を構築するか、私のような専門家にデータ分析の代行を依頼してください。

AIが人間では把握できないパターンを駆使して短期と長期投資馬を分けて提供することができます。

競馬は馬券を買うこと自体がリスクになるため長期的な投資を行えるようになるのが勝ち組への最短ルートになります。

誰しも短期的な利益を狙って馬券を買うようになるのですが、それは大きな間違いだということに気づいてください。

まずは徹底的にリスクを小さくすることから始めないと長期的には利益をムダにしてしまいます。

業界最強エージェント情報をリアルタイム配信!

たった2万円で人生が変わるとしたら挑戦しますか?
error: Content is protected !!