競馬にビッグデータなし!?統計的に優位のある馬券を買ってもリターンが見込めない理由

競馬にビッグデータなし!?統計的に優位のある馬券を買ってもリターンが見込めない理由

最新研究における結論で統計的な見方は十分な報酬を生み出していないと結論づけました。

その原因の1つと言えるのが競馬に起きる変化の速さ。人間社会の4倍で映り変わっていくとデータの陳腐化は避けられない。

いくら膨大なデータでも価値がないものをAIで捏ねくりまわしたところで、やはり出る結果は価値がないわけです。

それよりも今ある手法を少しだけ変化させる方が実はリターンには良いことに気づきました。

どのファクターにフォーカスが合っているかという視点を持っておくとより早くに気づけるでしょう。

つまり、競馬というものは、少ない中で貴重なデータを見分け、さらに補完していくことでのみ精度を上げることができる。

いかに価値あるスモールデータを発見して活用していくのか、それが競馬におけるデータ分析の本質なのです。

こうした洞察の収集は、実話を元に制作された映画「マネーボール」を見てみると分かりやすいかもしれません。

重要なのは、データの規模ではなく、洞察の深さです。

インテリジェントな分析を行えば、データ量が少なくても、多くの貴重な洞察を得ることができます。

ただ、競馬の場合は対象が動物であり、競走馬は言葉を発しないので何が起きたのかの説明がなされない。

実のところ調教師や騎手の話もほとんどが仮説に近いため事実的ではありません。

この点から精度を重視した馬券ほどカンタンに破綻してしまうことがイメージできると思います。

統計的に見て、こういう馬券を買えば精度をだせるはずなのに実際はそうはならない。

競馬には、こうした見かけ上では正しく見えるのに、実際は間違っている「直感に反するパラドックス」が存在しています。

こうしたワナを1つ1つ解除して論理化していくことでのみ再現性のある利益を手にすることができるわけです。

私の取り組みは、そのことにすでに成功しているので激走ビームを利用するだけでも長期的には一般的な予想法より良い結果になるでしょう。

ただ、競馬でより重要な価値を持つのは、いま何が起きているかです。

過去に起きたこと、そしていま起きていることを説明できているのなら、それはとんでもない富を生み出すことになるでしょう。

競馬サークルで最も馬主を稼がせてきたエージェントのパドック診断を見てどう思うでしょうか?

ほとんどの人は直感的に正しいと思っていることが実は大間違いなので利益がでる可能性をさらに低いものにしている。

人間の本能として備えているバイアスがさらに事態を悪くするため自己改善を行うことで利益体質を身に着けることができます。

ぜひ、投資競馬理論を読んで実践してみてください。驚くほどカンタンなのに十分な改善効果を見込むことができます。

業界最強エージェント情報をリアルタイム配信!

たった2万円で人生が変わるとしたら挑戦しますか?