競馬はウマ娘が好きな若者が勝つべくして勝つゲーム!今始めないと相対的に損失になってしまう理由

競馬はウマ娘が好きな若者が勝つべくして勝つゲーム!今始めないと相対的に損失になってしまう理由

競馬は時代が移り変わってもオジさんが楽しむだけのゲームだと思われてきました。

でも、その中身を吟味してみると実は若者が勝つ傾向が強かったりする。その理由は何だと思いますか?

その理由はとてもカンタンなもので、年を取ると新しい技術に疎くなることが挙げられます。

もう慣れたガラケでもスマホとできることは大差ないだろと思考停止してしまうわけです。

その一方で若者は好奇心が旺盛で新しいことを始めたがるのですから当たり前の話なんですよね。

だんだん年を取っていくと慣れたこと以外やりたくない。ただ、単純に面倒だからです。

この意識の差により若者がアドバンテージを得やすいのだから挑戦すればいいだけなのです。

そしていま、競馬にも技術革新の波が押し寄せようとしている。このチャンスは定期的に起きています。

最近の波は2005年あたりから起こり始めました。そして、その後で税金裁判になるほど稼ぐ人たちが出現しているのです。

その人たちは、ただ新しい技術を活用しただけあり、Youtubeで投稿した動画が思いがけずヒットしたようなものでした。

よくよく考えてみれば、片手スマホで決済する時代なのに、競馬新聞で予想している人たちが大勢いる。

それが効果的かどうかよりも、まずスマートじゃない。でも、スマホの画面なんて小さすぎて競馬の情報量だと効率的に追えない。

私もスマホでデータ分析なんてしません。パソコンのモニター1つでも足りないくらいですから。

少なくとも3つは必要になります。それだけの情報量が競馬にはあるので新聞やスマホなんかで済むわけないんですね。

それでもスマホだけで済ませる方法はあります。それは、データ分析により価値あるデータだけを取り出した【激走ビーム】を利用すればいい。

意図せず宣伝になってしまいましたが【激走ビーム】は当サイトで見ることができます。

これは、美容液のドモホルンリンクルのように、大量のデータからわずかしか抽出できない希少データを一滴一滴と丁寧に集めて完成させました。

激走ビームは、3つの視点から競馬を立体として捉えたものなので、よくある指数よりも整合性を持ちやすくなっています。

競馬新聞やスピード指数も競馬の一面を見てるに過ぎない。だから、そこで予想が成立したとしても正しい保証は全くありません。

まあ、保証なんて得ようがないのですが、一般的な手法より優位性があれば利益は問題なくでてくるものです。

若者が利益を得るために3つのアドバンテージを意識してください。それは、【思考】【行動】【技術】の3つです。

もはや予想力にアドバンテージはありません。しかし、昔の習慣を止められない人たちがほとんどなので一方的なゲームにできるわけです。

きちんと思考を働かすことができれば競馬はギャンブルではなくなり投資のように振る舞うこともできるようになる。

いまリアルタイムに世界を変えているのは技術企業です。中国はAIなど技術進出がスゴイですが、そのアプリを知らずの内に使うと何が起こるでしょうか。

そのアプリのバックグラウンドでは色々な情報が送信され思想チェックが行われているかもしれない。

そういう技術革新の時代を上手く活用するだけで利益を生みだせる時代なのだからチャレンジしない手はないでしょう。

業界最強エージェント情報をリアルタイム配信!

たった2万円で人生が変わるとしたら挑戦しますか?
error: Content is protected !!