最新AIと一般流通しない第3のURA情報を積極的に配信中!!

2022年から競馬予想や馬券を買い始める初心者が知っておくべきこと

2022年から競馬予想や馬券を買い始める初心者が知っておくべきこと

競馬の面白さは競走馬を深く知った先にあります。表面的なデータのみで馬券を買うよりも配当が高くなる傾向があるんですよ。

即PATで馬券を買う

競馬場やウインズが遠い人でも即PATがあればスマホで馬券が買えるJRA運営のサービスになります。

自分の所持している銀行口座と連携するだけで使えるようになるからカンタン。

即PATがいらないケースの方が少ないだけに馬券を買うなら加入しておくのが無難です。

即PATのお申込みはこちら

一般的な競馬予想では勝ち目は薄い

一般的な競馬予想とは、競馬新聞(140~500円)を見て予想する行為を指しています。

これは予想することでリスクヘッジはできますが、利益を生みだすほどのアドバンテージがありません

その性質上1~3番人気ぐらいまで感覚的に強さが分かるものの、それ以降を判断することは困難を極めます。

そこから一歩先に進むサービスとして挙げられるがJRA-VANのデータを利用して表面的なデータ分析を行うことができます。

平均的な価格は2,090円となり、これを利用することで5番人気くらいまでなら理解して買うことができるようになります。

各映像をチェックしよう

レースでは有利不利が起こるのが当然。だからこそ、レース映像をチェックする人とそうでない人では大きな差がつくことになります。

できればパドックも併せて見ることをオススメします。ただ、知識がない内は時間ばかり労費してしまい無駄に感じるかもしれません。

一番ラクなのは代替サービスを利用すること。当サイトでは、全データ分析を代行しておりAI競馬新聞として提供しています。

週末競馬のために休むことなくデータ分析を続けているため、近年増えている波乱をもたらしている天候変化にも対応します。

また、業界トップエージェントによるレース発走前の診断も行っており利益になる買い目に気づくことができます。

精査が重要な時代になっている

なぜ、競馬予想がそれほど重要ではないのかと思う方もいるでしょう。みんながやっている行為が正しいと思うのは危険です。

常識というのは時代で変わる不確かなもの。競馬予想が重視されてきたのは、それしか選択肢がなかったからです。

それに20年前は東西で買えるレースが決まっていたことで情報の分断が起きていました。

そのスキをついて上手く情報を補完できた人が競馬予想でラクチンではなくても最終的には大儲けしていた人というわけです。

今では全国レース買えるのが普通で情報の垣根もなくなったいま、競馬予想にアドバンテージがなくなっているのは当然の現象なのです。

現代競馬は統制の時代へと変わっており、馬場も運営に意思で操作することが実質可能になりました。

つまり、これは運営側が意図的にデータ価値を操作できてもおかしくない状況にあると言わざるを得ない。

本当に操作しているか証拠はないですよ。しかし、できることは起きていることを前提にして動くべきだと私は考えてきました。

だからこそ、データを何の疑いもなく利用するのではなく精査手段を持つことが必須になったと言えるわけです。

私は日本で不足しているデータサイエンティストの視点から競馬を見てますが、本当の意味で使えるデータはあまりに少ないことを実感してきました。

何のこっちゃと思うかもしれませんが、競馬データというのは状況により大きく変化するものであり、一定の価値を持つものではなかったのです。

でも、これは事実を知り手立てを持っている人には朗報でもあります。

確かに20年前より予想難度は上昇する一方ですが、自分の武器と立ち回りが上手くいけば精度が高くなくても十分に勝算があるからです。

結局は相対的なゲームであるため他者よりも上回るアドバンテージを持っているなら長期的には勝つことができます。

しかし、そこに理想を持ち込むと事態を悪化させるだけになってしまい収益化への道を困難なものにしてしまうので注意してください。

公営ギャンブルで唯一の「人間+動物」という予測しづらい組み合わせですから、現実に沿わない理想は返って後退を生み出すだけで良いことはありません。

現実社会のように自分にできることを考え、どのように立ち回っていくかを真剣に検討していくことが利益につながっていきます。

やるべきことは本当にシンプル

現代競馬に必要なのはデータ環境を整えること。これだけです。しかし、これを実際に個人で行おうとすると困難しかない。

だからこそ、私は相当数の専門家とメンターとしての関係性を重視して築き上げてきました。

そのノウハウを集約化しデータへと変換することで新しい情報へと昇華させることに成功しています。

競馬でも結局は強みのある者同士でつながり協力していくことが最適解になりました。

価値に基づく真の競馬予想では「データ分析8割」「資金管理2割」と役割を明確にすることで各々が最高の配当を手にしてきました。

みんなに共通するデータ分析は協力しあった方が効率が良いのは言うまでもないでしょう。

どう買い目を構築するか、この部分である人はボロ儲けし、ある人は儲け損なうこともあります。

そこは各々の強みを100%発揮できるシーンなので干渉しあうことはありません。

データ的に見ていけばカオス性をゼロにできない競馬ですから1頭くらいはワケの分からない馬が入っても全くおかしくない。

つまり、究極的には競馬には本当の自由があると言えるでしょう。あなたが何を武器にしても、それに応えるだけのカオス性が競馬にはあるのです。

これこそが競馬がカンタンにいかない理由ですが、だからこそ魅力のある配当になるわけで、正しい判断を重ねていけば人生をひっくり返すだけの配当を手にするチャンスはいつだってあるとも言えます。

競馬に確実性だけを求めるのではなく、ある程度の理解を持って予想できる部分とできない部分を理解して馬券を買うこと。

そこを上手く切り分けるような立ち回りを構築し実践できる人が馬券の達人であると言えるかと思います。

自分の強みを生かせる馬券の買い方を構築できれば、あとは一貫性を持って馬券を買い続けるだけでいい。

カオス性のある世界では、一貫性を持ち続けることが武器になります。

短期的な結果だけで立ち回りを変え続けるのは研究において必要ですが、実践の段階では一貫性を確保できないと強みを損なうでしょう。

お笑い芸人インスタントジョンソンじゃい氏は高額馬券を当てていることで話題になりました。

でも、実際に予想を見てみると下手に見えるレベルで当たってないことに気づくと思います。

その彼が高額馬券を手に出来ているのは何故だと思いますか?

あなたにはハイリスクで危険にしか見えていなくても、彼は自信満々で強みを生かして馬券を買い続けています。

ここで質問します。自動車を運転する人としない人ではどちらがリスクを感じているでしょうか。

そう大事なのは実践しないと本当のリスクは見えてこないということ。

もう見た目は危険で一杯なんだけど、その手法で十分な経験を持っている人にはチャンスに見えるわけです。

あなたがリスクを見た目で判断しているなら勘違いである可能性も考慮しておかないとチャンスを手放し続けることになります。

そのような人の人生が豊かなものになるのでしょうか。始めなければ何も分からないしチャンスはゼロのまま。

暗く淀んだ人生を送りたい人は見た目だけでリスクを回避し続けてください。何十年かしたら何のチャンスもないことに気づくでしょう。

でも、その時には間に合わないかもしれません。もはや起き上がる気力もなく周りの成功者を羨むだけになっている。

競馬で勝ちたいのなら実践主義を掲げて全ての責任を自分で取れるようにならないとスタートラインに立つことができない。

私の論理をどう受け取ったでしょうか。このような論理で矛盾なく構築されたシステムを利用してみれば答えがハッキリするかもしれません。

1000万馬券はデータ変化量で見つかった

CTA-IMAGE 予想力を重視する限り好配当に巡り合う可能性は低いままです。なぜなら、馬柱やJRA-VANにあるデータは強い馬を見つけるためにあるからです。予想力に頼るほど堅い配当しか当たらず利回りが低くなってしまう。この悪循環を断ち切る、たった1つの方法があります。それは、リアルタイムにデータ分析すること。レース発走直前までデータ変化を見ていくことで過去データからの予想が、いまこの瞬間にフォーカスした予想に変えることができます。競馬新聞にある情報はすでに古いことは分かってる。でも、他に方法がないんだ!そういう方のためにデータ分析ライブを始めました。必ずや好配当の当て感の違いに気づかれるはずです!
error: リスクガード中 !!