最新AIと一般流通しない第3のURA情報を積極的に配信中!!

京都金杯2022AI予想で重視したい激走馬はコレだ!

京都金杯2022AI予想で重視したい激走馬はコレだ!

京都金杯予想のイメージを事前に構築しておくことで当日情報への適応力が上がります。

激走ビーム

👆にある■を押すと詳細なペース比較をすることができます。

また、この指数は暫定的なものでレース発走前と異なることがあります。

レースラップ

■を押すとラインを消すことができます。

レース発走前に予測できた当レースのラップを公開することがあります。

また、予測したレースラップは逆解析に用いられ、激走馬の特定に利用することがあります。

京都金杯2022予想見解

毎年のレースラップを見るとスロー寄りのミドルペースで推移していることが分かります。

ただ、21年の中京開催ではペースが上がっている点から展開による紛れが少なくなる可能性もありそう。

過去データ傾向

  • 1~5番人気が好走しやすい
  • 関西馬に分がある
  • 牝馬が好走している
  • 8歳以上は絶望的
  • 勝率は4~6歳馬が中心
  • トップハンデ馬は近年勝利なし

上位に大きな差はなく、カイザーミノル、エアロロノア、ステルヴィオ、メイケイダイハードが近い数値に。

この中でオッズバリューを重視するならステルヴィオか。追い込み一手のメイケイダイハードは展開待ちで重視しづらい。

4歳勢は指数が控え目にでやすい時期もありノビシロで上位勢を脅かすシーンも想定しておくべきだろう。

マイル路線は、中距離からの路線変更が入り混じりやすいため、どういう決着になるか把握しづらいことも少なくない。

基本ボックス馬券で好配当ハマリ待ちをするか狙いすました単発馬でシンプルに攻めるのも良さそうだ。

事前注目馬

  • ステルヴィオ

  • エアロロノア

  • カイザーミノル

 

1000万馬券はデータ変化量で見つかった

CTA-IMAGE 予想力を重視する限り好配当に巡り合う可能性は低いままです。なぜなら、馬柱やJRA-VANにあるデータは強い馬を見つけるためにあるからです。予想力に頼るほど堅い配当しか当たらず利回りが低くなってしまう。この悪循環を断ち切る、たった1つの方法があります。それは、リアルタイムにデータ分析すること。レース発走直前までデータ変化を見ていくことで過去データからの予想が、いまこの瞬間にフォーカスした予想に変えることができます。競馬新聞にある情報はすでに古いことは分かってる。でも、他に方法がないんだ!そういう方のためにデータ分析ライブを始めました。必ずや好配当の当て感の違いに気づかれるはずです!
error: リスクガード中 !!