データと情報の断捨離をするメリットは計り知れない

データと情報の断捨離をするメリットは計り知れない

データと情報は多ければ多いほど良いと思い込みがちですが本当にそうでしょうか。

いまや情報に触れるのが当たり前であり、その中で興味があるものを見ていると思います。

それはある種ルーティンになってしまい新しい可能性の芽を摘んでいやしないだろうかとふと気づきました。

これだけ情報があふれていると自分の好きなものだけで時間を潰せてしまうもの。

しかし、それでは自分の領分を狭くし可能性やチャンスを逃す結果になってしまうかもしれない。

競馬データは本当の意味で使えるデータは少ないため、とりあえず残しておくということをしがちだったりします。

しかし、さほど重要でないものを残していると、それはいつしかノイズとなり自分の判断を狂わせることがある。

今では逆解析などデータ補完する技術があるため、定期的に見直して削除するようにしてみました。

そうすると、意外なことに繋がりが今までよりクリアに理解できるようになったり良い効果があったんです。

あまりに情報が多いと単純に判断フローを間違えやすいのと先入観を持ってしまうことがデメリットになります。

特に競馬は1つの判断で得られる結果が変わってくるため、なるべくプロセスはシンプルに保つべきだと思います。

最初は複雑なことをしても経験を通してこなれてくるとシンプル化されていくものなので初期は複雑でも構いません。

重要なのはシンプル化してから再度複雑になった場合。そういう時は得てして迷いがあったり不振な時だったりする。

そこで思い切って邪魔なものを止めることでやる必要がなかったことに気づくというわけです。

何をするかではなく、何をやらないかだ。多くの賢人はそういう傾向にあるのは人間は何かを始める生き物だと分かっているからでしょう。

とりあえず壁にぶつかったらシンプルに考えてみて、そこから肉付けして再構築することも試してみてはいかがでしょうか。

AIと専門家のシナジーが生み出す情報配信

CTA-IMAGE 競馬歴1ヶ月の初心者が2000万円に近い配当を受け取れた合理的な理由とは!?
error: Content is protected !!