最新AIと一般流通しない第3のURA情報を積極的に配信中!!

中山競馬場11レース(日) 中山記念@予想データ2022年02月27日

中山競馬場11レース(日) 中山記念@予想データ2022年02月27日

中山記念の激走ビームは馬柱データを正確にビジュアル化している。激走ビームと比較してオッズ妙味の高い馬を重視して買うことが長期的にプラスをもたらすコツだ。

短期での回収重視なら控除率の低い単勝・複勝といったシンプルな馬券で構築するのが無難だろう。事実に基づく判断と照らし合わせ最良の立ち回りを考えていこう。

データ傾向と馬券の買い方

勝ち馬は1~3番人気から、連対馬は1~5番人気から、6~9番人気はヒモで買うのが平均的な馬券パターンになる。
馬券は「フォーメーション」買いが基本と考えたい。

激走ビーム予想オッズ診断

AIデータ分析が与えるものは「気づき」のきっかけであり最適解は常に変化していく。予想力は競走馬の能力を担保としていることを忘れてはならない。

すべての馬が同じ能力なら目にも止まらぬ0.1秒差を競うレースを予想できなくて当然だろう。

その差異を生み出すのは様々なファクターによる相互作用であるから影響力の高いファクターを分析をすることが正解となる。

複合パラメータで構成される激走ビームは当日までに変化し続ける性質を持つが、現状では予想オッズ2番人気カラテに妙味があると言えそうだ。

過去のレース傾向からも本命に近い評価を与えられる。血統的にもスタミナがある牝系に中山競馬場にも強い構成力があるぶん適応力はあると言えるだろう。

予想オッズとの乖離が大きいレッドサイオンだが、これくらい違いが大きくなると人間の見識では及ばないためヒモレベルに留めたい。

このようなストーリー性の希薄な馬はオッズ妙味こそ生まれやすいが、自信を持って買いにくいため馬券的には一長一短と言えるだろう。

波乱色の強いレースではオッズ妙味を重視して買うことで一定の強みを発揮できる。ケースバイケースで最適な立ち回りを考えていくことも重要だ。

注意したいのが前年からの中山記念リピーターだ。香港カップ2着馬ヒシイグアスに好タイムに迫る内容で3着になったウインイクシードはヒモに入れておきたい。

あまりに特定条件だけに突出している馬は無条件に買うのが鉄則になる。人間の見識からストーリー性を理解できる競走馬は全体の20%程度なため、すべてを予想できると思わない方がいい。

競馬新聞だと何でも予想できてしまうが、それはデータ分析処理がされていない一次データゆえに事実をまったく軽視することで起こっている。

メンター重視馬

  • ダノンザキッド

    追いきり
    77
  • カラテ

    追い切り
    82
  • パンサラッサ

    追いきり
    79
  • アドマイヤハダル

    追い切り
    66
  • コントラチェック

    追いきり
    63

1000万馬券はデータ変化量で見つかった

CTA-IMAGE 予想力を重視する限り好配当に巡り合う可能性は低いままです。なぜなら、馬柱やJRA-VANにあるデータは強い馬を見つけるためにあるからです。予想力に頼るほど堅い配当しか当たらず利回りが低くなってしまう。この悪循環を断ち切る、たった1つの方法があります。それは、リアルタイムにデータ分析すること。レース発走直前までデータ変化を見ていくことで過去データからの予想が、いまこの瞬間にフォーカスした予想に変えることができます。競馬新聞にある情報はすでに古いことは分かってる。でも、他に方法がないんだ!そういう方のためにデータ分析ライブを始めました。必ずや好配当の当て感の違いに気づかれるはずです!
error: リスクガード中 !!