中山牝馬ステークス@予想データ2022年03月12日

中山牝馬ステークス@予想データ2022年03月12日

中山牝馬Sの激走ビームは馬柱データを正確にビジュアル化している。

激走ビームと比較してオッズ妙味の高い馬を重視して買うことが長期的にプラスをもたらすコツだ。

中山牝馬Sデータ傾向と馬券の買い方

▽中山牝馬S激走ビーム

勝ち馬では1~9番人気までと実に幅広い人気から勝ち馬がでており単系なら手広くが基本になる。
2~3着になると10番人気以下からも激走しており、どこからでも入りづらい波乱ぶくみなレース。
雨が降ると波乱傾向に拍車がかかるため馬場が悪くなるほど手広く買わざるを得ない。

1位ミスニューヨーク(67)

激走値の暫定1位はミスニューヨークとなった。予想オッズあたりでも人気しており中山コース実績もある馬。

前走はハンデの恩恵があったとは言え、なかなか見ることがない直線一気の差し切りを披露している。

3ヶ月の休み明けになるが追いきりの動きは上々で申し分ない動きで期待できる仕上がり。

一番勝利数の多い1800mであれば斤量2kg増でも買い目に入れておくべきな点は変わりない。

激走2位ルビーカサブランカ(59)

20戦のキャリアながら掲示板を外したのが一度だけという牝馬にしては真面目なしっかりもの。

ただ、デビュー以来1800mの勝利はなく、最近はどちらかと言えば距離延長で実績を上げてきた点が気がかり。

前走はハンデ恩恵がありレースでは馬群がバラついてスムーズにインをつけたことで重賞レースを制している。

中山では位置取りがキーポイントになるが後手に回ると外を回される可能性が高くなるだけに騎手も加味したい。

激走3位ゴルトベルク(58)

前走は人気を裏切る形でで注目度が低くなったゴルトベルクだが、激走値はまだ高く一変に注意しておくべき馬となっている。

中山コースでのみ2度も大敗しているのが印象を悪化させている点も困惑させるポイントと言えるだろう。

3ヶ月の休み明けだが詰めてレースに使うタイプでもなく気性的にも久々は問題ないタイプ。

名牝エアグルーヴの血を引いているだけに上手く噛み合うなら一変を警戒しておきたい。

レース総括

毎年混戦レースとなっている。データ傾向から追い込み馬が不利な傾向が強いレースなことも分かっている。

常に波乱の余地に備えておくべきレースなのは間違いない。今年も上位に差がないなど混戦ぶりがうかがえる。

馬場が悪くなると波乱傾向に拍車がかかるため天候にも気を付けたい。馬場が渋れば手広くが基本になる。

1000万馬券はデータ変化量で見つかった

CTA-IMAGE 予想力を重視する限り好配当に巡り合う可能性は低いままです。なぜなら、馬柱やJRA-VANにあるデータは強い馬を見つけるためにあるからです。予想力に頼るほど堅い配当しか当たらず利回りが低くなってしまう。この悪循環を断ち切る、たった1つの方法があります。それは、リアルタイムにデータ分析すること。レース発走直前までデータ変化を見ていくことで過去データからの予想が、いまこの瞬間にフォーカスした予想に変えることができます。競馬新聞にある情報はすでに古いことは分かってる。でも、他に方法がないんだ!そういう方のためにデータ分析ライブを始めました。必ずや好配当の当て感の違いに気づかれるはずです!
中山11 秋風S
👩 PR🐴 激走📊 馬場🔱 分析


タイム ⏰1:33.8 前3F — 後3F — 

急上昇🌈 上昇💪 不利🥵 ロス🥶 一変僥倖

堅実🏳‍🌈 穴馬💰 単勝🥇 複勝🏅 優勢📈 劣勢📉

🏇 データ量

30 %

📌 レース展開適合率

0%

0%

0%

0%

0%

📌 C9フォーメーションコード
C9 Formation Code
URA
* — *, *, *
*, *, *, *, *
Rating ☆☆☆ [0]
JRA Hack Protocol

Chip