投資馬券で確実に稼ぐ方法!株取引にも使えるクリアするべき条件とは

投資馬券で確実に稼ぐ方法!株取引にも使えるクリアするべき条件とは

投資では人間の判断回数が増えるほど資産が目減りするという関連性を見ることができた。

人間の感情から発生してしまうバイアスがかった判断により正常な取引が困難になってしまうのが理由としてある。

それは馬券の投資が成功しづらい理由にもなっている。感情的に馬券を買うことを避けらずに失敗してしまうのだ。

特に判断プロセスが多くなりがちな競馬予想で多くのレースを購入すると正常な判断ができずに失敗することになる。

投資馬券の成功プロセス

あまり語られないことだが、とびきりの実力があってもカンタンにマイナスになるのはバイアスが本能に組み込まれているためだ。

投資で得をしてきた層の傾向はすでに分かっており、それは「基本的に株を放置してきた人」であった。

日本の証券会社は、営業体質として手数料を稼ぐために顧客の売買回数を増やす努力をしてきたが、これは実質的に利益相反状態を生みだすことになった。

つまり、証券会社が儲けるほど顧客は損をするという状態に陥りやすい。日本が株取引の後進国になった理由の1つと言える。

株なんて損をすると印象づけられた理由に納得しただろうか。逆に正しい知識をつけることで株だろうが馬券だろうがプラスを生み出すことができる。

ほとんどの人はバイアスの影響を軽視しているからだ。そのうちに確かな実力をつけられるアドバンテージは相当なものだと言えよう。

購入までのプロセスを簡略化する

利益を生みだすために絶対に必要になるのが購入プロセスの簡略化である。何でも自分でやる人ほどバイアスの影響を受けやすい

自分で判断しているうちに余計な疑念が生まれ、そのイメージが現実から乖離していても気づくことができない。

それを避けられるウマい方法を模索する必要がある。できるだけシンプルにするべきだが適切な結果が得られないと意味がない。

単純に専門家に任せる部分を作るのが最善の策になる。だからと言って、誰かの購入手順を安易にマネるのは相対的な損失をもたらす。

自分の感性や趣向に合っていなければ結局のところ不安になり上手く運用できない。あくまで参考までに留めておくべきだろう。

最近は技術革新によりAIが投資に関わるようになった。こうしたサービスを利用することで誰でもプロセスを簡略化できる。

AIは信用する・しないではなく、どう運用に関わらせるべきかが重要になる。AIによって重視ポイントが違うのでメリットを確認しておくといいだろう。

プロセスの順番を意識する

購入プロセスの構築では、その手順が正しいか意識しておきたい。その順番が入れ替わるだけで得られる結果が変わってしまう。

これは、手続き型のプログラムを知っている人なら分かるが、最適な時に最適な呼び出しがないと確かな結果を得ることができない。

たとえ機能したとしても無駄にリソースを消費するボトルネックの原因となったりする。

最大のパフォーマンスを得るには必ず最適化されたプロセスが必要になることを意識しておこう。

致命的な失敗を避ける

プログラムにクリティカルエラーがでれば一切の機能が失われる。それと同じように大きなミスは避けなければならない。

ただし、小さな失敗は受け入れた方が上手くいく。このバランス感覚を自分のものにできるかが投資の成否を決めると言っても過言ではない。

大きな成果を得る時にはリスクを引き受ける必要があるが、どの程度まで失敗できるかの線引きはしておくべきだ。

人間は失敗したと感じた時に何かしなければいけないと思いこんでしまう。そうすると狼狽して余計なことをするようになる。

たとえば、株価が下がったから持ち株を売って新たな株を買うとか、馬券なら一気に取り戻そうと考えもしなかったレースや金額で購入するなどがある。

一流投資家ほど株価の下落にいちいち反応することがない。一時的な損失というのも利益を生みだすプロセスの一部だからだ

この視点を持っている人は確実なアドバンテージを手にするのは間違いない。こういうものだと達観できるようになる頃には利益を手にしているだろう。

理想的である必要はない

ゲーム業界を見ると、開発費の高騰によりベータ版の状態でゲームを売り出すことが珍しくなくなっている。

6割くらいの状態で興味のある人に買ってもらい開発費を稼いでから最終的な仕上げを行っていく。

物事には流行り廃りが起こる時流というものがあるので、理想的な状態でなくともチャレンジした方がいい場合がある。

それは、購入プロセスの構築にも言えることで、実践しつつ手直しする方が失敗が増えても実利にかなうだろう。

理想的な状態になってからでは時流を逃してしまい、結局うまくいかないということもあったりする。

ある程度の手応えをつかんだのなら、さっさと実戦投入して経験値をためていくことも忘れないようにしたい。

馬券であれば本命馬券が運用しやすい。まずは、1カ月1頭だけ確かな馬を買うことに集中するのがいいだろう。

そこから得た結果をもとに最適な購入間隔を割り出していくと効率的な運用も可能になるはずだ。

error: Content is protected !!