最新AIと一般流通しない第3のURA情報を積極的に配信中!!

阪神大賞典・スプリングステークス2022予想

阪神大賞典・スプリングステークス2022予想

阪神大賞典・スプリングSの激走ビームは馬柱データを正確にビジュアル化している。

激走ビームと比較してオッズ妙味の高い馬を重視して買うことが長期的にプラスをもたらすコツだ。

阪神大賞典データ傾向と馬券の買い方

▽阪神大賞典の激走ビーム

1番人気が強いレース。相手関係は9番人気まで好走しているが買いすぎると馬券を当てて損することになる。
3着争いも似たような感じで荒れても中波乱までといったところか。

激走指数からのレース考察

いまのところ激走指数は予想オッズ1番人気にも支持されているキズナ産駒のディープボンドがトップをマークしている。

G1レースこそ勝っていないものの長距離レースでは堅調な成績を残しており妥当なところだろう。

長距離レースなのでペースメイクによっては上がり3ハロンタイムの速い決着する可能性もゼロではない。

そういった極端なレースに対応できるのか微妙ではあるが、基本中心視するのが無難と言えそうだ。

伸び盛りゴールドシップ産駒のマカオンドールは数値で少し遅れを取るも上がり馬は低くでやすい傾向がある。

さすがにダンビュライトあたりになるとヒモまでに留めるのが妥当なところ。ユーキャンスマイルやトーセンカンビーナらリピーターにも気を配りたい。

ゴールドシップが三連覇したように適性が生きるコースでもあり、ここでアゲてくる可能性は十分にある。

メンター重視馬

  • ディープボンド
  • マカオンドール
  • アイアンバローズ
  • シルヴァーソニック
  • トーセンカンビーナ

スプリングSデータ傾向と馬券の買い方

▽スプリングS激走ビーム

1番人気は好走するも勝ちあぐねており、1着は2~5番人気を意識するとカンタンにバリューを稼げてしまう。
3着になると2ケタ人気の食い込みもあるため、オッズ次第では決め打ちな狙いもアリかもしれない。

近年は皐月賞ステップとして重要視されていないぶん以前ほど堅い配当イメージはなくなっている。

激走指数を見てもヒモ荒れしそうなイメージがあり、馬券は手広くがセオリーなのかもしれない。

アサヒやアライバルはノビシロを期待されているが、裏を返せば完成度は思ったほど上がってこないこともありえる。

そうした期待だけが大きくなっていないか十分に気を付けておくべきだろう。どちらも中山というイメージが希薄で過信できない。

過信できないメンバー構成も馬券的には信頼できる馬を作りたいところではある。

トリッキーコースとして名高い中山だけに何かの拍子で大荒れという可能性も否定できず悩みどころが多そうだ。

メンター重視馬

  • アサヒ
  • ソリタリオ
  • アライバル
  • アルナシーム
  • ビーアストニッシド

1000万馬券はデータ変化量で見つかった

CTA-IMAGE 予想力を重視する限り好配当に巡り合う可能性は低いままです。なぜなら、馬柱やJRA-VANにあるデータは強い馬を見つけるためにあるからです。予想力に頼るほど堅い配当しか当たらず利回りが低くなってしまう。この悪循環を断ち切る、たった1つの方法があります。それは、リアルタイムにデータ分析すること。レース発走直前までデータ変化を見ていくことで過去データからの予想が、いまこの瞬間にフォーカスした予想に変えることができます。競馬新聞にある情報はすでに古いことは分かってる。でも、他に方法がないんだ!そういう方のためにデータ分析ライブを始めました。必ずや好配当の当て感の違いに気づかれるはずです!
京都11 シルクロードS
👩 PR🐴激走

[dfads params=’groups=33,34&limit=1&return_javascript=1′]


東京11 白富士S
👩 PR🐴激走

[dfads params=’groups=33,34&limit=1&return_javascript=1′]


error: リスクガード中 !!