ユーザーガイド

UZPZ
UZPZ
すべて独自理論から矛盾なくシステム構築されているため、当サイトの情報で勝てる人なら再現性のある利益を手にすることができます。

基本的な使い方

自分で競馬予想してからトップページにあるレースボタンを押して【激走ビーム】を確認してみよう。

どの馬を重視すべきかグラフィカルに表示するから初心者でも扱うのはカンタン。

そこからオッズメリットを重視して買い目を決めて買い続けると長期的に勝ちやすくなるぞ。
 
参考 激走ビームとは

パドック診断と併用する

当サイトは、トップクラスのエージェントとタッグを組むことでパドック診断を実現しました。

パドックでの高評価は【ツイッター】でアップされることが多いのでチェックしてみよう。

貴重な診断内容は表には出せないものの、人気関係なく穴馬でも平気で公開するのでお楽しみに!
 
参考 パドック理論とは

AIで判明した競馬で勝つためのセオリー

激走ビームは、AIを利用した独自のデータ分析手法をもとに開発してきました。

その過程で分かったことは、競走馬の実力に沿った馬券を買うだけでは不十分だということ。

確かに強い馬が勝ちやすいのですが、競走馬の気まぐれな性格と控除率によりプラスになりにくいのです。

このプラス回収を阻む壁を乗り越える方法がたった1つだけあります。

それは、【オッズメリット】を併用すること。

オッズメリットのある馬を買い続けることで長期的にプラスに持ち込む。

これが論理的にな考察から導きだした最もポピュラーな競馬の勝ち方になります。

予想力はリスクヘッジで生かす

競走馬は能力を安定して発揮できない傾向があるため【予想力】を重視した戦略は安定しません。

その理由として「ペースや馬場状態にバラつきがありすぎる」ことを挙げてきました。

さらに競走馬のデキが絡んでくるわけですから予想できないレースが多くて当然なのです。

競走馬のガラスの脚を持つデリケートな生き物ですから出走するまで気が抜けません。

つまり、予想力を生かすには、競走馬の能力だけでなく時と場所を選ぶ必要があるわけです。

全てが上手くいくことを予想できない

競馬の魅力は、すべてが上手くいった時にとんでもない配当が舞い込んでくることにあります。

しかも、完全に受け身な宝クジと違い「自分の強みを生かす」ことができてしまう。

この2つを両立できるギャンブルは他にはないからこそFXよりも面白いのだと思います。

ただ、いつ上手くいくかは分からないからこそ、負けた時のことも考えなくてはならない。

自分にあった投資金額はあなた自身が知っています。失っても痛みのない金額を賭けること。

どんなに小さい額でも痛いと思うのなら馬券を買うことは止めておくのがいいでしょう。

ここでは理由を省きますが「ドカンと一発勝負」は論理的に見て完全に間違っています。
 
PR 利益をムダにしないためのノウハウはこちら

競馬は長期的なプランほど勝ちやすい

このことは論理的な観点から見て正しいため、どんな天才だろうと覆すことができません。

最も利益を出しやすい株式市場でもそうなのだからハイリスクを抱える競馬なら尚更と言えるでしょう。

基本は受け身で良くオッズメリットを重視して立ち回ること

その時は、予想力ではなく、自分の強みを生かすことを考えてください。

あなたの武器を生かして長期的なプラスが見込めるなら半永久的なアドバンテージを確保したも同然。

そうして経験値を貯めていくうちに自分にとって重視すべきレースが分かるようになります。

自信だけでなくメリットのある買い目を選ぶ

自信があるレースか、どの馬が信用できるのか。この基準を用いようとすればデメリットを抱えることになります。

その自信は、競走馬のある一面を見たに過ぎず、それで信用できるか判断できるほど情報がないからです。

この馬は「損してでも買う価値がある」と判断したのなら買うしかない。

つまり、損失を上回る魅力があるなら是が非でも買うべきなのです。

それでハズレたとしても長期的に見れば正しい行動なので気落ちすることも反省する必要もありません。

なぜなら、一時的な損失というのも利益を生みだす時に必要になるからです。

この「ハズレることが正解なこともある」という視点自体にアドバンテージがあることを理解できるでしょうか。

一般的な人ほど馬券を当てなきゃといけないと思い込むことで余計な出費を繰り返していきジワリジワリと自滅しています。

こういう風に考えられるようになると仮想通貨などの暗号資産を怪しいなどと思わずに安い時に買うことができてしまう。

あの時なんで買わなかったのか。そういう状態は、すでに相対的な損失を被ったのと同じであることに気づく必要があります。

アドバンテージは誰でも発揮できる

馬券の買い方だけでなく、行動においてもアドバンテージがあることを理解できたと思います。

誰もできるアドバンテージは「自滅しないこと」に尽きるでしょう。

初心者の内は負けることが許せなくて感情的に取り戻そうとしがちです。

そうすると買う予定のなかったレースをズルズルと買ってしまい余計な負けを重ねてしまう。

たとえ、それで取り戻したとしても行動として間違っているため長期的には資金を失うことになります。

この他にも正しいと思われているが、実は自滅につながる行動を良しとしている人は少なくありません。
 
PR 自滅的な損失を防ぐためのノウハウはこちら

表面的な数字に踊らされる人たち

競馬で勝ってきた人ほど的中率にこだわっている人がいない。これが地道に10年かけて独自調査した結果でした。

よく考えると分かるのですが、どんなに的中率が低くても再現性が高いのなら全く問題ないからです。

これは、一見すると危険に見える手法でも、そこにはライバルがいないことで実は再現性が高いオッズ領域なので勝ち続られるという仕組みが存在している。

確かに的中率は高い方が再現性も明解ですが、そういうオッズ領域は過剰に買われるぶん控除率のぶんだけ負け続けていきます。

競走馬に確実性あるという前提の買い方ですが、実際には気まぐれなので的中率重視で負けが続くとカンタンに挽回できないわけです。

このあたりの感覚は勝てるようにならないと理解できないため、負け体質になっている人ほど抜け出すことが難しくさせています。

気楽に挑戦してみよう

高く売れるマグロですが釣り上げるにはデータ分析と経験が欠かせません。

何日も坊主になりながらも釣れることを信じて追い続ける。馬券でも高配当を狙うなら事前準備が必要になります。

土曜日は、どういう血統が好走していたのか、1~3着の平均体重から分かることは何なのか。

その気になればなるほど、やることが尽きないのが競馬です。

前日になって競馬新聞を広げて馬柱を見て予想して馬券を買う。それで結果がでたら逆にスゴイことだと思います。

その行為は、統計的に見て何のアドバンテージもないですし、以前は正しいと思われていた行為に過ぎません。

将棋界ではAIの登場によりゲームチェンジが加速しました。これからは、若くして活躍する棋士が増えていくでしょう。

アメリカでは技術革新でGAFAという巨大企業が生まれました。それぞれが国家レベルなくらい稼ぎまくっている。

このことから分かることは、競馬のエンターテイメント性に興じることより、そこに開発されている技術に注目する方が利益になるという点です。

仮想通貨という技術が安いうちに投資した人は何百万倍もの利益を手にすることになりました。

Youtubeを早くに始めたというだけで、今までの年収以上を稼いでしまった人たちがいる。

この時代を見誤ると本来なら受け取れたはずの利益を見逃すという相対的な損失を重ねていくことになります。

リスク以上の見返りがあることが分かったのなら素早く獲りに行くだけで利益は大きくなる。

今までリスクが低いと分かっていても後手に回ることが安全に思えたのは完全に間違いであり認識不足でしかなかったのです。

あなたは、自分の行動の質を上げて利益を受け取ることを決心しますか。

それとも、そんなものは虚構だと目をつぶって生きていこうとしますか。

いま正しい行動を手にいれようとするなら、これからの技術革新により手にする利益を受け取れることは間違いありません。
 
PR 近未来の技術とアナログが融合したサービスはこちら

error: Content is protected !!