最新AIと一般流通しない第3のURA情報を積極的に配信中!!

勝ち組45秒理論

予想前の45秒で配当を最大化するプロトタイプ理論

競馬予想する前の45秒間で「余計に負けない」「最大利益を得る」人になれるかが決まる。

AI競馬新聞を利用する人の中で、この意識を持つ人たちが一般人を上回る好成果を叩き出す人が増えています。

ほとんどの人が必要以上に負けている

競馬は、レースが荒れるよう仕組まれているため、普通に馬券を買うと負けが先行するものです。

でも、理由はそれだけではありません。人間は生まれつきもつバイアスという習性から負けやすい行動を良しとしています。

それに加え日本人だけが持つある遺伝子情報により負けるスピードをより加速させている。

オレはギャンブラーだから身の丈に合わない大枚を張るんだ!こう考える人がゴマンといる。ありがたいことです。

この環境を味方につけた人から勝つことができてしまう。そのポイントについて解説していきます。

適切に馬券を買うにはAIが必要

人工知能はカンタンな仕事を奪う代わりに、今まで難しいとされてきたことをカンタンにしてくれます。

総合的に見ればAIにより新しく発掘される利益の総量が尋常でないからこそ開発競争が激化しているわけです。

これは例えるなら「デジタル埋蔵金」を掘り起こす作業と言えます。しかもデジタルですから底が全く見えない。

だから、アメリカは100兆円の投資を恐れることなく行えるのです。

投資ではロボアドバイザーが普及したことで利益をだす人の総量を増やしてきました。

この恩恵を軽視する人は、10年20年と経ったあとに必ず後悔することになるでしょう。

カンタンすぎると恩恵がない

AIの恩恵は複雑な産業ほど大きくなりやすいため、ギャンブルで最も複雑なシステムを持つ競馬に適しています。

ただ、すべて自動で行えるほどの情報量はない。ゆえに、AIと個人スキルのシナジー重視すべきだと考えてきました。

この取り組みは早ければ早いほどアドバンテージが生まれてくる。どんな資産家でも過ぎた時間をナシにはできません。

競馬は底が見えないほど奥の深いゲームなので人の数だけ勝ち方がある。だから、あらゆる強みを生かせる可能性があるのです。

AI競馬新聞はデータ分析を代行することで自分の強みに集中できるよう開発されてきました。

余計に負けるロジックを理解する

まわりが余計に負けているなら、あなたは負けにくい行動を心掛ければ勝ちやすくなる。

とてもシンプルで強力な理論なのに実践している人は一握りの成功者だけでした。

競馬の勝ち方というのは時代によって最適解が変わるものですが、負け方となれば長く変わることがない。

つまり、最適な負け方を知るということはコスパに優れた戦略であり、いつの時代も利益を出すための土台として必要とされ続けます。

負けは心理的に不快

負けているという事実は人を不快にさせます。この不快さは死につながるようなマイナスパラメータとして古来より処理されてきました。

現代社会では医療が発達したことでカンタンに死ぬことはないですが、原始の社会では狩猟でのワンミスが死に直結する大事だったのです。

現代でも勇敢であることが賞賛されるのは、それが死にやすさの裏返しだったからでしょう。

そうカンタンに死んでいては人類は生き残ることができない。だからこそ、不安を生み出す脳機能は必要とされてきたわけです。

その古めかしい処理が今もなお脳で行われていて、しかも「脳が現実であることを気にしない」ので現代社会では不利益に働きやすいことが指摘されてきました。

このせいで馬券で負けると死にたくなるほど不快な状態に陥ってしまうわけです。こうなったら正常な思考が働くことが期待できるわけがない。

だから、とても自然な流れで誰もが負けないように当てることを第一として馬券を買うようになります。

当てなければ配当もないわけだから合理的に見えるのですが、長期的には買いすぎることを回避できないため、よく当たるけど細く長く損をだし続けるという状況に陥ります。

その日のうちに不快さを解消したい

不快な状態でいることを良しとできる人間はあまりいないでしょう。その状態をできるだけ早く解消したいと思うもの。

そう負けた状態になると予定になかったレースを検討し始め、手っ取り早く回収できそうなレースや買い目がないか探すようになります。

このような行動を取ったことがないという人がどれだけいるでしょうか。馬券を買ったことがある人なら大体経験しているはずです。

こうして利益を得る目的だったのが、やがて不快さと決別するという目的に置き換わってしまう。

今日こそは上手くいくと思っても、やはり負けが先行すると同じような状態を繰り返すことになります。

この状態から抜け出す方法は「自分を俯瞰で見る」こと。天井から見下し自分を観察するイメージを持つことで負け組の行為と認識することができます。

負が込むと行動が大胆になる

ノーベル賞を受賞した【プロスペクト理論】で証明されたのは、ある一定の負債額を超えると心理的な痛みがマヒするということでした。

たとえば、100万円を失うこと大きな痛みを感じていたのに200万円の損失になると痛みが大きくならないことを証明したのです。

この心理的な作用により人は負けが込み痛みがマヒしてくると「大金を賭けて一気に取り戻す」という最悪の計画を立てるようになります。

そうだ200万円を賭けて400万円にすればチャラじゃないか。これが成功する・しないは実のところ関係ありません。

こういう心理的な行動は「典型的な破滅パターン」として統計的には負けに傾くことがハッキリしているからです。

しかし、そこに気づけないのは短期な視点でいると上手くいくように見えるからでしょう。

競馬予想の回収率を爆上げした人が守っている基本的な馬券購入ルール

勝ち組体質になるためのロジック

人の行動が実にさまざまなバイアスの力により決定されています。この力はとてつもなく強大であるため知能の高さに関係なく抵抗することができない。

だから、馬券でも投資でも意識を傾ければ傾けるほど損失行動を良しとしてしまう。これが9割の人がカンタンに負けてしまうロジックになります。

だから、まずは負けにくい体質を持つことが勝ちにつながる重要なカギとなりえるのです。しかし、いざ実践すればカンタンにいかないことが分かります。

今までは、ほんの一握りの恵まれた、生まれつきバイアスの影響を受けない人たちは成功者として君臨してきました。

しかし、今後は人工知能AIや理論への理解を深めることにより状況が劇的に変わります。誰でも公平な競争が行える時代がやってくるのです。

PR 完全版を読みたい方はこちら

error: リスクガード中 !!